ジャン=フランソワ・ル・スュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=フランソワ・ル・スュール
Jean-François Le Sueur
}
基本情報
出生 1760年2月15日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ドゥルカ
死没 1837年10月6日(満77歳没)
フランスの旗 フランス王国パリ
ジャンル クラシック
職業 作曲家

ジャン=フランソワ・ル・スュールJean-François Le Sueur もしくは Lesueur [ʒɑ̃ fʁɑ̃swa lə sɥœʁ] 1760年2月15日 - 1837年10月6日)は、フランス作曲家

生涯[編集]

ル・スュールはアブヴィルに近いドゥルカの小さな村、プルッシェル(Plessiel)に生まれた。一家はピカルディで長く暮らしていた家族で、画家ウスタシュ・ル・スュール英語版は彼の大おじにあたる。ル・スュールははじめ、アブヴィルの大学の教会で聖歌隊に入り、続いて入ったアミアン大聖堂で音楽の勉強を推し進め、セー英語版の大聖堂では合唱指揮者に任命された。彼はパリへと赴き、サン=イノサン(Saints-Innocents)教会で合唱指揮者をしていたニコラ・ロゼフランス語版和声法を師事した。ル・スュールはディジョン1779年)、ル・マン1782年)、トゥール1783年)と各地の職を歴任した後、ロゼの跡を継いでサン=イノサンでのポストに就いた。さらに1786年には選考の末、パリのノートルダム大聖堂の音楽監督に就任した[1]

ル・スュールは被昇天祭に管弦楽を導入するという改革を実行し、大きな成功を収めた。メインの祭典における彼の宗教曲の演奏会は、人が教会の外に溢れるほどの超満員となったが、聖職者の団体からの抵抗を受けるようになってしまった。彼はこれに応える形で「Exposé d'une musique imitative et particulière à chaque solennité」(1787年)という小冊子を発行した。フランス財政危機の折には、大聖堂の修道士会が音楽予算を減額することを決定したが、これによってル・スュールは専門にしていた重要な音楽ミサを諦めざるを得なくなり、彼自身も職を辞すことになった[1]

ル・スュールは1788年から1792年にかけてはロンドンで暮らしており、フランス革命のさなかのパリへと帰国してフェドー劇場英語版で3つのオペラの公演を成功させた。「La Caverne, ou le Repentir」(1793年)、ジャック=アンリ・ベルナルダン・ド・サン=ピエールの非常に有名な小説「」「ポールとヴィルジニー」に着想を得た「Paul et Virginie, ou le Triomphe de la vertu」(1794年)、そして古典的な「Télémaque dans l'île de Calypso, ou le Triomphe de la sagesse」(1796年)である。

ル・スュールは1793年11月21日に国防軍学校の教授に任用され、パリ音楽院が新たに出来ると監督官(Inspecteur)に採用された。メユールラングレゴセックカテルがいる中、ル・スュールの仕事は基礎原理とソルフェージュの指導に限られた。パリのオペラ座で自作オペラ「Ossian, ou Les bardes」、「La mort d'Adam」が上演できず、彼は「Projet d'un plan général de l'instruction musicale en France」という激しい内容の小冊子を発行して音楽院とその教育法、院長を攻撃した。そして1802年9月23日に免職された[1]

公的な職がなくなり、ル・スュールは貧しい暮らしに陥り始めていた。1804年ナポレオンが、パイジエッロの後任として彼をテュイルリー宮殿の教会楽長に据えることになった。こうして彼は最も有名な作品である「Ossian ou Les bardes」を上演できるようになり、オペラ座でも大きな成功となり、皇帝からも大好評を得た。ナポレオンは、このお気に入りとなったオペラの作者をレジオンドヌール勲章に叙した。ル・スュールはナポレオンの戴冠式のために凱旋行進曲を作曲しており、パイジエッロのミサ曲とかつての師であるロゼの「Vivat」を指揮している。1813年、彼はアンドレ・グレトリに代わって芸術アカデミーの会員となった[1]

王政復古の時期には、ル・スュールはロイヤル・チャペルの作曲家、オペラ座管弦楽団の指揮者となった。1818年の初頭から、彼はパリ音楽院で作曲を教えるようになった。長年の教員生活の間に、彼の門下からはベルリオーズトマグノーベゾッツィマルモンテルらが輩出している[1]

ル・スュールはパリで77年の生涯を閉じた[2]

作品[編集]

オラトリオ[編集]

  • Ruth et Noëmi (1811年作曲)
  • Ruth et Booz (1811年作曲)
  • Debbora
  • Rachel
  • Oratorio de Noël (クリスマス・オラトリオ)
  • 3つの受難オラトリオ
  • 戴冠式オラトリオ

オペラ[編集]

完成 タイトル 幕数 初演 台本
1793年 La caverne 3幕 1793年2月16日、パリ、フェドー劇場 Paul Dercy作 Alain-René Lesageの「Gil Blas」による
1794年 Paul et Virginie ou Le Triomphe de la vertu 3幕 1794年1月13日、パリ、フェドー劇場 Alphonse du Congé Dubreuil作 サン=ピエールによる
1796年 Télémaque dans l'île de Calypso ou Le triomphe de la sagesse 3幕 1796年5月11日、パリ、フェドー劇場 Paul Dercy作
1804年 Ossian, ou Les bardes 5幕 1804年7月10日、パリ、オペラ座 Paul DercyとJacques-Marie Deschamps作
1807年 L'inauguration du temple de la victoire 1幕 1807年1月2日、パリ、オペラ座 Pierre Baour-Lormian作
1807年 Le triomphe de Trajan
[作品の大部分はペルスュイの手による]
3幕 1807年10月23日、パリ、オペラ座 Joseph-Alphonse Esménard作
1809年 La mort d'Adam et son apothéose 3幕 1809年3月21日、パリ、オペラ座 Nicolas-François Guillardクロプシュトックによる
上演されず Alexandre à Babylone 3幕 1814年-1825年作曲 Pierre Baour-Lormian作

脚注[編集]

出典

参考文献[編集]