ジャン=ピエール・バリエ=デシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ピエール・バリエ=デシャン(Jean-Pierre Barillet-Deschamps、1824年 - 1873年)は、フランス造園家

オスマン時代のパリ都市改造の際に公園緑地を担当した。パリの公園事業のほかに、エジプトイタリアトリノにも招かれ、トリノではポー川のほとりに、ヴァレンティーノ庭園を設計している。

概要[編集]

子爵のもとに出入りしていた庭師の息子で、そこの主人に進められ1839年から修行を開始したという。

セーヌ県知事としてパリに召喚されたジョルジュ・オスマンに誘われ、パリ改造に彼はエンジニアの権限の下で参加。 その後パリ市チーフ庭師の肩書きでジャン=シャルル・アルファン、ユージン・ベルグランらと遊歩道やプランテーションに取り組み、ヴィクトール・バルタールガブリエル・ダビウジャック・イニャス・イトルフら建築家らとともに市街地改造に携わる。この後、ブローニュの森ヴァンセンヌの森など緑地事業に取り組み、リュクサンブール公園モンソー公園ビュット・ショーモン公園やモンスリー公園を再整備した。

1865年からは、ルマンの庭でイングリッシュガーデン用の植物を栽培したり、リールで、ヴォーバン・デザインガーデンやルーベのBarbieux公園に関わり、オープンラミュエットにランドスケープアーキテクトのための施設を設立したり、農園や庭園に関してカンブレー、マルセイユ、イエールからミラノやトリノ、ベルギー、オーストリア、プロイセンまで招かれ国際的なキャリアを積んだ。そして1870年、エジプトから招聘され、カイロでエジプト総督を1873年まで勤める。その後肺の病気に感染し、フランスに戻って治療するためヴィシーのホテルデュパレロワイヤルに移り、そこで亡くなった。

参考文献[編集]

  • The Beaux-arts and Nineteen Century French Architecture, London, 1982