ジャン=バティスト・デュアメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=バティスト・デュアメルJean-Baptiste du HamelまたはDuhamel1624年6月11日 - 1706年8月6日)はフランス科学者神学者である。フランス王立科学アカデミーの初代事務局長、コレージュ・ロワイエで哲学の教授を務めた。

カルヴァドス県のヴィレ (Vire) に生まれた。カーンパリで学び18歳で三角法に関する著書Spheriquesを著した。オラトワール会の修道院で勉学を積み、聖職者となった。1666年にジャン=バティスト・コルベールが科学アカデミーを創設すると事務局長に任命され、1698年にベルナール・フォントネルにその職を譲るまでその職を務めた。

著書[編集]

  • De Meteoris et fossilibus (Paris, 1660)
  • De consensu Veteris et Novae Philosophiae (Paris, 1663)
  • De Corporis affectionibus (Paris, 1670)
  • De mente humana (1672)などがある。