ジャン=ドミニック・ボービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ドミニック・ボービー(Jean-Dominique Bauby、1952年-1997年3月9日)は、フランスの雑誌編集者。ジャーナリストとして、日刊紙『コンバ』(「闘争」の意)[1]を皮切りに、『コティディアン・ド・パリ』、『ル・マタン・ド・パリフランス語版英語版』など数紙を経て、ファッション雑誌『ELLE[2]の編集長となる。

事故[編集]

1995年12月8日、突如、脳出血で倒れ、「ロックトイン・シンドローム」と呼ばれる全身の身体的自由を失った状態に陥る[3][4]。病床で唯一動かすことのできた左目の瞬きだけで、『潜水服は蝶の夢を見る』を執筆。この本がフランスで出版された2日後に亡くなる[5]。本は世界28カ国で翻訳された。

著書[編集]

  • 『潜水服は蝶の夢を見る』講談社 1998年

脚注[編集]

  1. ^ 第二次世界大戦中にカミュらによって創刊された新聞で、1974年に廃刊。
  2. ^ Denis Boyles on EuroPress on National Review Online
  3. ^ `Locked-in' quadriplegic shares life
  4. ^ Diving Bell and the Butterfly
  5. ^ Thomas, Rebecca. Diving Bell movie's fly-away success, BBC, February 8, 2008. Accessed June 5, 2008.

外部リンク[編集]