ジャン=ジャック・ルソー教育研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ジャック・ルソー研究所 (フランス語:Institut Jean-Jacques Rousseau) またはルソー研究所 (Rousseau Institute) 、ジュネーヴ学園 (Académie De Genève) は1912年スイスジュネーヴに開校された私立学校。スイスの教育学者エドゥアール・クラパレードによって、教育理論を実践に移す場として設立された。教育の中心を教師から子供達へと移すという、コペルニクス的転回を図ることを目的としており、名称にはその理論が負うところが大きかったジャン=ジャック・ルソーの名が使用された。彼はピエール・ボヴェを初代の校長に任命し、さらに1921年から1925年の間にはジャン・ピアジェその後を継いだ。この学校での存在によってジュネーヴ臨床心理学の名声は確固たるものになった。ピアジェ自身によると、彼の教育理論は完全には成功しなかったとされる。

クラパレードの葬儀において、ボヴェは彼のジュネーヴに対する愛着と世界的な影響の大きさについて語っている。

関連項目[編集]