ジャン=クロード・ニコラ・フォレスティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォレスティエの肖像

ジャン=クロード・ニコラ・フォレスティエ(Jean-Claud Nicolas Forestier 1861年1月9日 - 1930年10月26日)は、フランス造園家

1887年から1930年まで、パリ市緑地計画の責任者。大都市における公園のあり方を考慮した著作を執筆してもいる。 こうして彼のキャリアは、市のサービスに始まったが、パリで二十世紀初めにジョルジュ・オスマンジャン=シャルル・アルファンと彼は優れた作品を残し、モロッコスペインでも活躍。都市プランナーとしては1911年にアンリ・プロストと建築家や都市計画家のフランス協会を設立している。

エクス=レ=バンに生まれる。技術学校を卒業し、海軍士官技術兵を志望していたが、事故で右手が不自由になり断念する。そこで、林業を志し、サヴォアとピレネーの農林学校に通う。この後紆余曲折あり、のちのパリ市公園部長のアルファンに抜擢され、市公園部に奉職、林務官となる。その間、友人たちから自分の庭の設計試案を依頼される。このときカサ・デル・レイ・モロの庭を含め、イタリア式に影響を受けた構成の17種類もの試案を作成し、これについて解説をまとめたものがのちの著作「Jardins」(『Gardens: A Note-book of Plans and Sketches』1920年)である。その他の著作として、Les Gazons(芝)がある。

設計した庭園に、シャン=ド=マルス庭園、セビリア、マリ=ルイーズ庭園、その他バハマバルセロナでも幾つか庭園を作庭している。この他、スペイン・リスボンの都市計画にも関与。本国ではブローニュの森の監理者として、バガテル・バラ園を設計している。

パリ万国博覧会 (1925年)の庭園展示のディレクターを務めているが、ヴェラ兄弟の出展した庭園を奇抜さを重視と批判している。

略歴[編集]

  • 1880年 - 1882年までの研究: エコール・ポリテクニークと、短期間科学政治学エコール・リブレに
  • 1883年 - 1885年:ナンシーの林業学校でトレーニング
  • 1885年 - 1887年:ウォーターズと森林ではアルジュレ、アヌシーとサランシェで初期のキャリア積む
  • 1887年:林業、彼が40年後に引退を残す散歩道整備や、パリの街の植栽を統合
  • 1908年:「都市と公園システム」を出版
  • 1911年:建築家や都市計画家のフランス協会の共同創設者
  • 1911年:バダホス(スペイン)の街で「パルケのアセンション」の公園の創設。
  • 1911年 - 1929年 プロジェクト:セビリア(スペイン)マリア·ルイサ公園とその拡張
  • 1913年:モロッコの主要な都市における都市開発のための線引き。
  • 1923年:パリの公園のシステムの設計
  • 1923年 - 1930年:主要なラテンアメリカの都市のためのプロジェクト:ブエノスアイレス、ハバナ 他
  • 1926年:パリ軍隊名誉役員とスペインの市民功労司令官
  • 1929年:バルセロナ国際展示会グランプリ。
カサ·デル·レイモロの庭園
サンクルーとスターンガーデン

主な成果[編集]

  • 1890年:ヴァンセンヌの森初のサイクリングトラック
  • 1898年:パリ大通りBreteuilの創造
  • 1904年:バガテル公園シャンドマルス干拓の取得およびキャンペーン
  • 1912年:ロンダアンダルシアのカサ・デル・レイモロの庭園の林
  • 1913年:モロッコ・マラケシュ都市開発のための線引き
  • 1914年:スペイン・セビリアのマリア・ルイサ公園開園
  • 1915年:スペインのいくつかの庭園の創造:バルセロナ、Moratella など
  • 1923年:パリの公園システムプロジェクト
  • 1924年:アルゼンチン・ブエノスアイレスメモリの沿岸通り。
  • 1924年 - 1925年:デコレータで建築家のルイス・スー(1875から1968)の下、ジェーンRenouardtに2通りBuzenvalにサンクルー画家の会社で、アンドレ·マーレとフランスのコンパニー·デ·ザールのヴィラの装飾に参加した。
  • 1928年 - 1930年:建築家とデコレータのルイス·スーらとモンソー城の開発に参加、MHを記録
  • 1927年 - 1929年:スターンの庭の作成:サンクルー歴史的建造物として登録
  • 1929年:ブエノスアイレスのアベニーダコスタネラ
  • 1929年:セビリア・マリアルイサ公園拡張

参考文献[編集]

  • パリ大改造 ハワード・サールマン 井上書院 1983年
  • ジャン=クロード·ニコラ·フォレスティエ、都市公園システム、パリ、アシェット、1908年、50ページ。
  • ジャン=クロード·ニコラ·フォレスティエ、都市公園システム、パリ、ノーマ、のrepr。 B.ルクレールとS. Tarrago、1997、383 pで提示1908テキスト。
  • ジャン=クロード·ニコラ·フォレスティエ、庭園、計画、スケッチブック、パリ、エディションピカード、1994。
  • ベネディクトルクレール、ジャン=クロード·ニコラ·フォレスティエ、1861-1930:庭から街並みに、パリ、エディションピカード、2000. 283ページ。
  • ベネディクトルクレール、ジャン=クロード·ニコラ·フォレスティエ、1861-1930:ジャーナルページの風景、2号、1988から1989頁24〜29の都市芸術を、提供する科学の庭園..
  • ベネディクトルクレール、庭、風景、都市計画:ジョン·C-Nの使命 1913年にモロッコにおける森林、ナンシー、ナンシー·スクール·パブリッシング·アーキテクチャ1993 SP。
  • ジャン=ピエール·ルdantec、ワイルド、定期的な:二十世紀にフランスで庭のアートや風景、パリ、エディションデュmoniteur、2002、pp 93-101 ..