ジャン・マイドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤン・ミドラーシュジャン・マイドラーJan Mydlář, またはドイツ語: Johann Seifenmacher, 1572年 - 1664年)は、17世紀チェコボヘミア)、プラハ神聖ローマ帝国)の死刑執行人である。

1621年のボヘミアの反乱の首謀者たち27人の公開処刑を行ったことで有名である。

当時の公開処刑を描いた絵

処刑された者は、主にプロテスタントであり、1人はカトリックだった。彼らは、ハプスブルク家神聖ローマ皇帝マティアスと後のフェルディナント2世に対するボヘミアの反乱による罪で、1621年6月21日の午前5時から午前9時の間に27人の男が処刑された。

3人が絞首刑になり、24人が斬首刑で、そのうちの12人は生首がプラハ旧市街の塔で晒し首となった。前例がない程の大量かつ残酷な処刑であった。

1664年に死ぬと後任には1665年に息子のヤン・ヴァーツラフ・ミドラーシュ(Jan Václav Mydlář)が就任した。