ジャン・ポアズイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ルイ=マリー・ポアズイユ
人物情報
生誕 1797年4月22日
フランスの旗 フランス共和国 パリ
死没 1869年12月26日 (満72歳没)
フランスの旗 フランス帝国 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
出身校 エコール・ポリテクニーク
学問
研究分野 物理学生理学
主な業績 ハーゲン・ポアズイユ流れポアズ
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジャン=ルイ=マリー・ポアズイユ: Jean-Louis-Marie Poiseuille1797年4月22日 - 1869年12月26日)は、フランスの医師、物理学者生理学者である。流体力学の分野で層流流れに関するハーゲン・ポアズイユ流れを導いたことで知られる。粘度のCGS単位系粘度の単位ポアズはポアズイユの名に因んでいる。

パリで生まれた。エコール・ポリテクニークで物理学と数学を学んだ。円筒管内部を流れる、非圧縮性の粘性流体の層流流れについて1838年に実験し、1840年にハーゲン・ポアズイユ流れを、ゴットヒルフ・ハーゲンとは独立に導いた[1]。 これは生理学の分野では毛細管中の血液の流れなどの研究に役立つものである。

参考文献[編集]

  • 禰津家久、冨永晃宏 『水理学』 朝倉書店、2006年ISBN 4-254-26139-X
  1. ^ 禰津・冨永『水理学』、p.123。