ジャン・ピエール・ブルギニョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ピエール・ブルギニョン

ジャン・ピエール・ブルギニョォン(Jean Pierre Bourguignon, 1947年 - )はフランス数学者IHES所長。 専門は微分幾何学大域解析学

1966年エコール・ポリテクニーク卒。1974年パリ第7大学ドニ・ディドロ校)で数学の学位を取得。 1969年よりCNRSに務め、1986年からはエコール・ポリテクニーク教授。フランス数学会会長、ヨーロッパ数学会会長を歴任。慶應義塾大学21世紀COEプログラム統合数理科学:現象解明を通した数学の発展ではアドバイザーリーボードを勤めている。 ヤン・ミルズ理論一般相対性理論ディラック作用素などの理論物理学に於ける数学的側面やリーマン幾何学ケーラー・アインシュタイン計量に興味を持っている。

例えばIHESの財政基盤を国からの支援よりも民間による財政支援に移すために色々努力している模様。