ジャン・ピエロ・ペレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ピエロ・ペレス
基本情報
本名 ジャン・ピエロ・ペレス
階級 フライ級
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
誕生日 1981年3月7日(33歳)
出身地 ベネズエラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 20
KO勝ち 14
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

ジャン・ピエロ・ペレスJean Piero Perez、男性、1981年3月7日 - )は、ベネズエラプロボクサー。元WBA世界フライ級暫定王者

来歴[編集]

2004年4月24日、プロデビュー。

2005年11月25日、カルロス・ムリッロと空位のWBAフェデカリブフライ級王座を賭け対戦。3回KO勝ちで王座獲得に成功。しかし同王座は1度も防衛することなく返上。

2006年6月10日、ロナルド・ラモスが持つ、WBAフェデラテンライトフライ級王座に挑戦。終始試合をコントロールし、大差判定勝ちで王座獲得に成功。

2007年3月24日、ラファエル・コンセプションが持つ、WBAフェデラテンフライ級王座に挑戦。1-2の判定負け。しかし前日計量でコンセプションが計量オーバーで失格になっていたため王座は空位になった。

2008年3月27日、コンセプションと再戦しダウンの応酬になるも3回TKO負けを喫し、返り討ちを喰らう。

2008年11月22日、フランシスコ・ロサスWBA世界フライ級王座への挑戦権を賭け対戦。両者とも決め手を欠き3者3様の引き分けに終わり、挑戦権獲得に失敗。

2011年1月21日、ヘスス・ヒメネスとWBA世界フライ級暫定王座決定戦を行い、強打のヒメネスを終始コントロールし大差判定勝ち。王座獲得に成功した。

2011年6月10日、アルゼンチンメンドーサ州・ラス・ヘラスのポルデポルティーボ・ビセンテ・ポリメニで元WBA世界ライトフライ級王者ファン・カルロス・レベコと初防衛戦を行った。しかし、レベコの左一本で試合コントロールされて2回ボディショット1発でダウンを喫しそのままカウントアウト。TKO負けで初防衛に失敗し、王座から陥落した[1]

2012年9月22日、フィリピンセブにあるセブシティ・ウォターフロントホテル&カジノでWBOインターナショナルフライ級王者ミラン・メリンド(ALA)と対戦し、7回にはペレスの右の強打でメリンドの左目に激しいダメージを与えるなど暫定ながら元世界王者の名に恥じない激闘を演じたものの、0-2(113-115、114-114、112-116)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗した[2]

2013年4月26日、タイコーンケン県の中央公会堂で元WBC世界ライトフライ級王者コンパヤック・ポープラムックとWBA世界フライ級暫定王座決定戦を行い、6回1分48秒TKO負けを喫し2年4か月振りの王座返り咲きに失敗した[3][4]

2014年12月31日、ボディメーカーコロシアムで元2階級制覇王者の井岡一翔とノンタイトル10回戦で対戦する予定[5]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レベコ、“暫定”2階級制覇 WBAフライ級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月11日
  2. ^ Milan Melindo Survives Close Scare To Defeat Perez Boxing Scene.com(英語) 2012年9月22日
  3. ^ Kompayak captures WBA interim title WBA公式サイト 2013年4月26日
  4. ^ Porpramook Stops Perez In Six; Wonjongkam Returns BoxingScene.com(英語) 2013年4月26日
  5. ^ 井岡一翔、大みそかは元WBA暫定王者と無冠戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ヘスス・ヒメネス
WBA世界フライ級暫定王者

2011年1月21日 - 2011年6月10日

次暫定王者
ファン・カルロス・レベコ