ジャン・シャップ・ドートロシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・シャップ・ドートロシュ(Jean Chappe d´Auteroche、1722年 - 1769年8月1日)はフランスの天文学者

フランス中部オーヴェルニュ地方カンタル県モーリアックで生まれた。カッシーニに学び、パリ天文台で働いた。1761年、科学アカデミーの委嘱を受け、西シベリアのトボリスク金星の日面通過の観測をおこなった。トボリスクまでの行程の模様は『シベリア旅行記』(Voyage en Siberie)として1768年に出版された。1769年、金星の日面通過観測のために観測隊を率いてメキシコのバハ・カリフォルニア州に赴いたが、観測地には伝染病が広がっており、観測隊28名のうち21名が死亡する結果となった。シャップ自身も観測終了後に没した。