ジャン・シメオン・シャルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・シメオン・シャルダン
《日除けをかぶる自画像》1775年
ルーヴル美術館
生誕 1699年11月2日
パリ
死没 1779年12月6日(80歳)
パリ
《食前の祈り》(1740年) ルーヴル美術館

ジャン・シメオン・シャルダンJean-Baptiste Siméon Chardin, 1699年11月2日 - 1779年12月6日)は、ロココ時代のフランス画家

生涯[編集]

1699年、パリで家具職人の父親のもとに生まれた[1]。1718年から歴史画を得意としていたカーズ(Pierre-Jacques Cazes)の工房に入って画業を開始。1720年にはコアペル(Noël-Nicolas Coypel)にも短期間師事し、その間に静物画を描く助手をつとめたことがあるらしい。

1728年に《赤エイ》で認められて王立絵画・彫刻アカデミーの正会員となったが、その後も生計を立てるためフォンテーヌブロー宮殿の修復作業などに参加している。30年頃から静物画の作品が増え、台所の食器類や食材などを題材とする作品が制作されている。

31年からはサロン(官展)に出品を開始。この年にマルグリト・サンタールと結婚、11月には息子ジャン=ピエールが洗礼を受けている。

33年頃からは風俗画の作品が増え始め、その大半が食卓の情景やカード遊びに興じる子供などセーヌ左岸の日常生活を主題とする。35年、妻が死去。40年ヴェルサイユ宮へ参内して献上した《働き者の母》と《食前の祈り》はシャルダンの作品としては特に知られている。44年にフランソワ=マルグリト・プジェと再婚。

1752年以降、国王の年金を受けており、また55年からはアカデミーの会計官をつとめたほかサロンの陳列委員も任され、57年ルーヴル宮殿にはアトリエ兼住居を授かっている。これは絵画のなかで歴史画に最高の価値が置かれていた当時、風俗画家としては異例の名誉で、彼の作品の買い手や注文主の多くも、国内外の王侯貴族だった[2]。とくにエカチェリーナ2世は、サンクト・ペテルブルクにあるアカデミーの建物のために装飾画を注文しているし、他にも風俗画を含む数点のシャルダン作品を所有していた(《芸術の寓意とその報償》など)。

晩年は息子の溺死 (1772年)、アカデミー会計官の解任 (1774年)と不遇が続き、1779年に死去した。作品総数は201点[3]

画風[編集]

ロココ美術全盛の18世紀フランスを生きた画家であるが、その作風は甘美で享楽的なロココ様式とは一線を画し、穏やかな画風で中産階級のつつましい生活や静物画を描き続けた。ロココ芸術には批判的だったディドロでさえ、1769年のサロン評で「シャルダンは歴史画家ではないが、偉大な画家である」と記している[4]

シャルダンの作品は日常的・現実的な題材や真に迫った写実表現などに17世紀オランダ絵画の影響が顕著に見られ、活躍中からフランドル絵画に喩えられていた。また彼の画面構成や陰翳描写は、しばしば後の印象派の先駆とも形容される[5]

晩年に描かれた幾つかの自画像には、画家の実直な風貌がよく表されている。

作品[編集]

  • 《赤エイ》ルーヴル美術館 La Raie
  • 《食前の祈り》ルーヴル美術館 La bénédicité
  • 《朝の身繕い(部屋着)》ストックホルム国立美術館 La toilette du matin
  • 《さいころ独楽をする子供(さいころ独楽に見入る宝石商ゴドフロワ氏の息子)》ルーヴル美術館 L'Enfant au toton (Portrait du fils de M. Godefroy, joaillier, appliqué à voir tourner un toton)
  • 《良き教育》ヒューストン美術館 La bonne éducation
  • 《手紙に封印をする女性》シャルロッテンブルク宮(ベルリン) Femme occupée à cacheter une lettre
  • 《ラケットを持つ少女(羽根を持つ少女)》Fillete au volant (Petite fille jouant au volant)
  • 《洗濯女(洗濯をする小間使い)》ストックホルム国立美術館 Blanchisseuse (Petite femme s'occupant à savonner)
  • 《女の家庭教師》ナショナル・ギャラリー(カナダ)La gouvernante
  • 《働き者の母》ルーヴル美術館 La mère laborieuse
  • 《たばこ入れ》ルーヴル美術館 La Tabagie
  • 《カードのお城》ナショナル・ギャラリー(ワシントン)Le château de cartes
  • 《買い物帰りの女中》ルーヴル美術館 La pourvoyeuse
  • 《しゃぼん玉吹き(シャボン玉遊び)》ナショナル・ギャラリー(ワシントン)Bulles de savon

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ この節の伝記的事実は以下を参照:ピエール・ローザンベール(伊藤已令訳)「シャルダン略年譜」(『シャルダン展 静寂の巨匠』図録、三菱一号館美術館、2012);Philip Conisbee, "Chardin, Jean-Siméon" (Grove Art Dictionary, Oxford UP, 2007);Philip Conisbee, Chardin (Oxford: Phaidon, 1985)
  2. ^ 鈴木杜幾子『フランス絵画の「近代」』講談社、1995, p. 16
  3. ^ Pierre Chardin: Tout l'oeuvre peint de Chardin (Paris; Flammarion, 1983)
  4. ^ Denis Diderot, Salons, ed. by Seznec & Adhémar, reprinted, Oxford, 1985, vol. IV. 鈴木杜幾子「第一章 家庭という名のユートピア 母・女中・台所 — ジャン=シメオン・シャルダン」(『フランス絵画の「近代」 シャルダンからマネまで』講談社、1995, p. 36)に引用。
  5. ^ Pierre Rosenberg, Chardin: New Thoughts (Spencer Museum of Art, 1983)


邦語文献リスト[編集]

書籍
  • 大野芳材「第六章 ジャン・シメオン・シャルダン」(『フランス近世の美術 — 国王の美術から市民の美術へ — 』財務省印刷局、2003)
  • 小林康夫「『フェルメールの青』と『シャルダンの青』」(『青の美術史』ポーラ文化研究所』1999)
  • 鈴木杜幾子『フランス絵画の「近代」 シャルダンからマネまで』講談社〈講談社選書メチエ〉、1995
  • 伊藤已令「食前の祈り 風俗画に漂う詩情 ジャン=バプティスト・シメオン・シャルダン」(『NHK日曜美術館 名画への旅:15 逸楽のロココ 18世紀』講談社、1993)
  • 大島清次「ワトーとシャルダン」(『世界美術全集:10 ワトー/シャルダン』小学館、1979)
  • 加藤民男「シャルダンとディドロ」(『フランス 絵画と文学の心』小沢書店、1980)
  • 保苅瑞穂『プルースト・印象と隠喩』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1997
  • 高階秀爾「第三章 十八世紀フランスの絵画」(『フランス絵画史』講談社〈講談社学術文庫〉、1990)
  • 伊藤已令「市民絵画の誕生 静物画と風俗画」(『世界美術大全集:第18巻 ロココ』小学館、1996
研究論文(オンラインで閲覧可能なもの)
図録・画集
  • 『シャルダン展 静寂の巨匠』三菱一号館美術館、2012年
  • ガブリエル・ノートン『シャルダン』大野芳材訳、西村書店、2002

外部リンク[編集]