ジャンブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンブルー
Gembloux
世界遺産にも登録されている街の鐘楼
世界遺産にも登録されている街の鐘楼
ジャンブルーの市旗 ジャンブルーの市章
自治体旗 自治体章
位置
ナミュール州の位置の位置図
ナミュール州の位置
ジャンブルーの位置の位置図
ジャンブルーの位置
座標 : 北緯50度34分0秒 東経4度41分0秒 / 北緯50.56667度 東経4.68333度 / 50.56667; 4.68333
行政
ベルギー
 地域 ワロン地域
 州 ナミュール州
 自治体 ジャンブルー
首長 ブノワ・ディスパ
地理
面積  
  自治体域 95.86 km2 (37.01 mi2)
人口
人口 (2006年1月1日現在)
  自治体域 21,964人
    人口密度   229人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : http://www.gembloux.be/
現在は農業大学となっているジャンブルー修道院

ジャンブルー: Gembloux)は、ベルギーナミュール州に位置する自治体。ドイツ語名はゲンブレアス(Gembloers)。ガンブルーゲンブルーとも表記される。総面積95.86km²に2006年1月1日時点で2万1964人が住んでおり、人口密度は229/km²。現在の首長は2006年10月8日に選出されたブノワ・ディスパが務めている。

ジャンブルーはカトラリー産業で知られる。10世紀にギャンブルー修道院が建てられて以来、市街はそこを中心に発展してきた。現在、その修道院はジャンブルー農学部という農業大学として活用されている。16世紀後期から17世紀初頭にかけて起きた八十年戦争中、ジャンブルー近郊でも1578年にオランダ軍とスペイン軍が衝突した。第二次世界大戦時のナチス・ドイツのフランス侵攻中の1940年5月にも、近郊でアニューの戦いが起こった。街の鐘楼は2005年に「ベルギーとフランスの鐘楼群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録された。

区画[編集]

ジャンブルーはジャンブルー、ブーゼ、ボシエール、ボテエ、コロワ=ル=シャトー、エルナージュ、グラン=レ、グラン=マニル、イヌ、ロンゼ、マジー、ソヴニエールの各区から成る。アメリカ合衆国で3番目にベルギー系の割合が高いコミュニティのウィスコンシン州キウォーニー郡リンカーンは元々、グラン=レ出身の移民が建設したことにちなみ、グランドレズ(Grandlez)と命名された。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]