ジャンヌ・ド・シャンタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンヌ・ド・シャンタル

ジャンヌ・ド・シャンタルJeanne de Chantal, 1572年1月23日 - 1641年12月13日)は、カトリック教会修道女聖人聖母訪問会創立者。フランスの貴族で作家のセヴィニエ侯爵夫人は孫に当たる。

フランスのブルゴーニュディジョンの貴族の家に生まれる。敬虔なカトリック信者として育ち、幼少のころから修道女への召命を感じていたが、両親の縁談に応じ、1592年にクリストフ・ド・ラビュタンという貴族の男性と結婚。子宝に恵まれ、夫婦生活は良好であったが、夫は不慮の事故で死去。未亡人となったがその悲しみを乗り越え、ジュネーヴの司教であるフランシスコ・サレジオと摂理的な出会いをし、1610年、彼とともに『聖母訪問会』という女子修道会をサヴォワ地方(現、フランス・サヴォワ県)のアヌシーで創立した。以後、修道女としての道を歩んだ。

1641年、自分が設立したムーランの修道院で死去した。1757年列福され、1768年教皇クレメンス13世によって列聖された。


執筆の途中です この項目「ジャンヌ・ド・シャンタル」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。