ジャンニ・ロダーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャンニ・ロダーリ(Gianni Rodari、1920年10月23日 - 1980年4月14日)はイタリアの作家、ジャーナリスト。特に児童文学で有名。1970年には国際アンデルセン賞を受賞し、20世紀イタリアにおける最も重要な児童文学作家とみなされている。彼の作品は多くの言語に翻訳されている。

経歴[編集]

ノヴァーラ県オメーニャでパン屋の息子として生まれる。父はジャンニが9歳[1]の時に死亡。その後は母の生地ヴァレーゼ県で育つ。17歳で教員免状を取得し、ヴァレーゼの小学校で教鞭を取る。彼が興味を持ったのは音楽(ヴァイオリンを3年間習った)、そして文学(ニーチェショーペンハウアーレーニントロツキーは彼の批評のセンスを磨いた)であった。1939年に短期間だけミラノ大学へ通った。

第二次大戦中は病身であったため徴兵を免れた。親友の死や、兄弟チェーザレがナチスの捕虜収容所に入れられたことを理由に、1943年[1]からレジスタンス運動を行い、1944年[1]にはイタリア共産党に加わった。

チポリーノを描いたロシアの切手 後ろで敵意を剥き出しにしているのは宿敵・トマト騎士

1948年に、左派の新聞"L'Unita"(「ウニタ」)のジャーナリストとして児童文学を書き始める。1951年に最初の本、"Il Libro delle Filastrocche"(わらべ歌の本)と『チポリーノの冒険』("Il Romanzo di Cipollino")を刊行。

1952年に初のソ連訪問。その後は頻繁にソ連を訪れた。1953年に結婚し、4年後に娘が誕生した。1957年にはプロのジャーナリストとなる試験に合格。1970年には国際アンデルセン賞を受賞した。

1979年、ソ連旅行の後に健康を害して執筆量を減らすが、1980年にローマにて手術中に死亡した。


著書リスト[編集]

日本語訳されたもののみ挙げる。原題と日本語題名の対応は下記[1]に拠った。

  • Il Romanzo di Cipollino, 1951
  • Il viaggio della Freccia Azzurra, 1954
    • 『青矢号のぼうけん』杉浦明平訳、岩波書店、1965年
2010年7月、岩波少年文庫から『青矢号―おもちゃの夜行列車』と改題再版
  • Gelsomino nel paese dei bugiardi, 1958
    • 『うそつき国のジェルソミーノ』安藤美紀夫訳、筑摩書房、1985年
  • Gip nel televisore. Favola in orbita, 1962
  • Favole al telefono, 1962
    • 『電話で送ったお話』鹿島卯女編、鹿島研究所出版会、1967年
    • 『もしもし…はなしちゅう』安藤美紀夫訳、大日本図書(世界のどうわ)、1983年
  • Il pianeta degli alberi di Natale, 1962
    • 『パジャマをきた宇宙人』安藤美紀夫訳、講談社(こどもの世界文学 26)、1972年
  • La torta in cielo, 1966
  • Venti storie più una, 1969
    • 「ロダーリのゆかいなお話」安藤美紀夫訳、大日本図書
      • 『“重すぎる”さんと“軽すぎる”さん』1986年
      • 『鏡からとびだした歯医者さん』1986年
      • 『海をさんぽした超高層ビル』1987年
      • 『だれもがはいれる家』1987年
      • 『わらいじょうごのお姫さま』1988年
  • Tante storie per giocare, 1971
    • 『物語あそび - 開かれた物語』窪田富男訳、筑摩書房、1981年
  • Grammatica della fantasia. Introduzione all'arte inventare storie, 1973
  • Novelle fatte a macchina, 1973
    • 『猫とともに去りぬ』関口英子訳、光文社、2006年
  • C'era due volte il barone Lamberto ovvero I misteri dell'isola di San Giulio, 1978
  • Scuola di fantasia, 1992
    • 『幼児のためのお話のつくり方』窪田富男訳、作品社、2003年
  • Storie di Marco e Mirko, 1994

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『猫と共に去りぬ』(2006年初版)巻末

外部リンク[編集]