ジャンニ・レオーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンニ・レオーニ
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1949 - 1951
チーム モト・グッツィモンディアル
レース数 9
優勝回数 3
表彰台回数 8
通算獲得ポイント 61
ファステストラップ回数 1
初グランプリ 1949 125cc イタリア
初勝利 1949 125cc イタリア
最終勝利 1951 125cc ダッチTT
最終グランプリ 1951 250cc フランス
テンプレートを表示

ジャンニ・レオーニGianni Leoni1915年3月1日 - 1951年8月15日)はイタリアコモ出身のオートバイレーサーである。最初期のロードレース世界選手権で活躍した。

略歴[編集]

グランプリでのベストシーズンはブルーノ・ルフォに次いでシーズンランキング2位となった1950年。翌1951年にもカルロ・ウビアリに続いてランキング2位となっている[1]1949年に世界選手権となったイタリアGPの初代勝者でもあった。

レオーニは1951年アルスターGPの練習中の事故により死亡した。コースを一緒に走っていたモト・グッツィのチームメイトであるサンテ・ジェミニアーニエンリコ・ロレンツェッティが急遽ピットインしたのに気が付かず、何かあったのか心配したレオーニが彼らを探すためにコースを逆走していたところにピットアウトした二人がさしかかり、避け切れなかったレオーニとジェミニアーニが100km/h以上のスピードで衝突したのである[2]。この事故でジェミニアーニも死亡している。

ロードレース世界選手権での戦績[編集]

1949年のポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 ファステストラップ
ポイント 10 8 7 6 5 1

1950年から1968年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 ポイント 順位 勝利数
1949 125cc モンディアル SUI
-
NED
-
ITA
1
11 5位 1
250cc モト・グッツィ IOM
-
SUI
-
ULS
-
ITA
2
8 8位 0
500cc モト・グッツィ IOM
-
SUI
-
NED
-
BEL
-
ULS
-
ITA
4
6 10位 0
1950 125cc モンディアル NED
2
ULS
-
ITA
1
14 2位 1
1951 125cc モンディアル SPA
-
IOM
3
NED
1
ULS
-
ITA
-
12 2位 1
250cc モト・グッツィ SUI
3
IOM
-
FRA
2
ULS
-
ITA
-
10 5位 0

脚注[編集]