ジャンゼン・コンネル仮説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャンゼン・コンネル仮説(ジャンゼン・コンネルかせつ、Janzen-Connell hypothesis)とは森林生態系における樹種の多様性の確立について説明した仮説

この仮説をほぼ同時に提唱した二人の研究者にちなみ、ジャンゼン・コンネル仮説として知られている。

概要[編集]

森林生態系において親木となる成木からの距離が短いほど、その成木の種子や、実生にとって天敵となる特異的な病原菌捕食者が多くなる。そのため実生や種子の死亡率が高くなり同種の樹木の更新が妨げられる。病原菌や捕食者の数は成木からの距離に反して減少するが、一方で種子散布数も成木からの距離に比例して減少する。

そのため成木の真下においては同種の更新が妨げられることで他の樹種が生育する余地が生まれ、そのことが多様性を確立する要因の一つになっていると考えられる。

提唱者[編集]

関連項目[編集]