ジャワ島南西沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャワ島南西沖地震
震源付近の地図
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2006年7月17日
発生時刻 8時19分28秒 (UTC)
15時19分28秒 (現地時間)
17時19分28秒 (JST)
震央 インドネシアの旗 インドネシア ジャワ島
バンドンの南沖260km
南緯9度20分2秒
東経107度15分47秒(地図)
震源の深さ 32km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)7.7
最大震度    改正メルカリ震度V:ジャワ島南西部
津波 ジャワ島南岸で最大3m
地震の種類 海溝型
余震
回数 不明
最大余震 2006年7月17日18時13分(JST)、M6.1
被害
死傷者数 死者600人
被害総額 不明
被害地域 インドネシアジャワ島南岸
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

ジャワ島南西沖地震(ジャワとうなんせいおきじしん)は、2006年7月17日インドネシアジャワ島南西部沖で8時19分28秒(UTC)(現地時間 午後3時19分28秒)に発生した地震である[1]

概要[編集]

被害[編集]

震源に近い場所では直接的な揺れに加え、海岸に津波が押し寄せたことにより、多くの被害を出した。政府当局の発表によれば300人以上の死者が生じ、30,000人が一時的に避難をするなどの災害となった。 死者が集中したのは、パンガンダラン市のリゾートパガンダランビーチで、200人以上の死者が出ていると推測されている(同地を訪れた観光客の被害者数が把握できていないため)。

海外からの援助[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インドネシア・ジャワ島沖で地震、津波で6人死亡 - 読売新聞 2006年7月17日
  2. ^ Magnitude 7.7 - SOUTH OF JAVA, INDONESIA
  3. ^ 2006年ジャワ島南方沖地震の緊急調査報告(名古屋大学伊藤武男、加藤照之)

関連項目[編集]