ジャヤ・シンハヴァルマン3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャヤ・シンハヴァルマン3世(Jayasimhavarman III、生年不詳 - 1307年)は、チャンパ王国(占城国)の国王(在位:? - 1307年)。制旻(Chế Mân)とも書かれる。

チャンパ国王インドラヴァルマン6世の子。1282年11月にの占城行省の兵が上陸すると、ジャヤ・シンハヴァルマンは木城を築いて抵抗した。元の李天祐らが降伏を勧めてきたが、応じなかった。1283年1月、元の陳仲達・劉金らに木城を破られ、王都を捨てて山中に逃亡した。ジャヤ・シンハヴァルマンは投降するようなそぶりをみせつつ、抵抗を続けた。1284年3月に元軍を撤兵に追い込んだ。


先代:
インドラヴァルマン6世
チャンパ王の一覧
後第十二王朝4代:? - 1307年
次代:
ジャヤ・シンハヴァルマン4世