ジャムシェトジー・タタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャムシェトジー・タタの像

ジャムシェトジー・タタ(Jamshetji Nusserwanji Tata, 1839年3月3日 - 1904年5月19日)は、インド実業家であり、同国最大の財閥であるタタ・グループの創始者である。

生まれはインド・グジャラート州であり、「インド産業の父」とも呼ばれる[1]。現在、タタ・グループ会長を務めるラタン・タタは、ジャムシェトジーの曾孫にあたる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ JAMSHEDJI TATA Founder of TATA Industries