ジャパンタローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ジャパンタローズ
Japantaro's of conveyance Corporation
KK-HR1JEEE-JAPAN-TAROS.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 タローズバス
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:343-0111
埼玉県北葛飾郡松伏町松伏136-1
設立 1997年(平成9年)1月20日
業種 陸運業
事業内容 一般旅客自動車運送事業(乗合貸切)、他
代表者 飯塚武志(代表取締役社長
資本金 3,000万円
従業員数 43名
決算期 3月
主要株主 丸和運輸機関
外部リンク http://www.taros-bus.co.jp/
テンプレートを表示

ジャパンタローズは、埼玉県北葛飾郡松伏町に本社を置きバス事業を行う企業。丸和運輸機関(桃太郎便)の関連企業である。

概要[編集]

乗り入れる自治体は松伏町、吉川市越谷市さいたま市

これまでバス路線がない、または大型バスではまかなえない地点間を、物流業の経験を活かしたルートを設定し中・小型バスを運行させている。運転手をサービスマンと呼び乗客にいらっしゃいませと声掛けするなど、「市民に便利な親切なバス」をモットーとする[1][2]

沿革[編集]

  • 1997年(平成9年)1月20日 設立[3][4]
  • 2000年(平成12年)
    • 10月1日 松伏町のコミュニティバスの運行を開始(ただし、車両は松伏町所有)。
    • 11月14日 松伏町の要請により、同社初のバス路線の原型となる吉松工業団地(旭地区センター) - 新越谷東口間を特定輸送で運行開始。「吉松工業団地」を「東埼玉テクノポリス」、「新越谷駅東口」を「南越谷駅南口」に改称。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月 南越谷駅南口 - 松伏高校前 - 東埼玉テクノポリス間、南越谷駅南口 - 松伏町役場前 - 松伏バスターミナル間を乗合路線として開業。同時に特定輸送だった南越谷駅南口 - 松伏ショッピングセンター - 東埼玉テクノポリス間も一般乗合路線に変更。
    • 10月1日 越谷市の要請により越谷駅西口 - 県民健康福祉村間(東武バス朝日バス)を肩代わり。
  • 2005年(平成17年)4月1日 松伏町コミュニティバス廃止。
  • 2006年(平成18年)
  • 2008年(平成20年)4月8日 越谷レイクタウン線の運行を開始[5]
  • 2011年(平成23年)

路線バス[編集]

2013年(平成25年)12月現在、以下の路線を運行する[5]

南越谷線
系統1南越谷駅南口 - 越谷警察前 - 越谷市立病院 - 総合体育館前 - 松伏ニュータウンショッピングセンター(松伏郵便局入口) - 埼玉野村病院前 - 松伏消防署前 - 東埼玉テクノポリス(旭地区センター)
系統2:南越谷駅南口 - 越谷警察前 - 越谷市立病院 - 総合体育館前 - 赤岩公民館前 - 松伏高校前 - 東埼玉テクノポリス
系統3:南越谷駅南口 - 越谷警察前 - 越谷市立病院 - 総合体育館前(- 増林公園) - 前波 - 松伏町役場 - 埼玉野村病院入口 - 松伏ターミナル
越谷線
越谷駅西口 - 農協本店前 - 越谷総合技術高校前 - 越谷誠和病院前 - 県民健康福祉村入口 - 県民健康福祉村南口 - 県民健康福祉村
越谷レイクタウン線
越谷レイクタウン駅北口 - イオンレイクタウン - 南埼玉病院前 - 越谷東高校入口 - 法務局前 - 総合体育館前 - 松伏ニュータウンショッピングセンター - 埼玉野村病院前 - 松伏消防署前 - タローズ本社前
浦和美園線(平日のみ運行)
浦和美園駅 - ウイングシティ南 - 越谷西特別支援学校前 - 県民健康福祉村南口 - 越谷総合技術高校前 - 越谷税務署前 - 越谷駅西口
吉川線
系統1吉川駅北口 - 川野橋 - 旭小学校入口 - 東埼玉テクノポリス北
系統2:吉川駅北口 - 川野橋 - 八子新田 - 東埼玉テクノポリス北 - 旭公園球場南
せんげん台線
せんげん台駅東口 - 越谷北高校前 - JA越谷市北支店前 - 市立図書館入口 - 越谷市立病院

乗車券[編集]

定期乗車券回数乗車券はタローズバス本社のほか、丸和運輸機関および丸和建設、沿線のコンビニエンスストアや商店で取り扱っている[7]

タローズバスではPASMO等の乗車カードは導入されていない。

貸切バス[編集]

2011年(平成23年)8月1日より貸切バス事業を開始した[5]

車両[編集]

路線バス

路線バス車両は2012年(平成24年)3月31日現在で25台保有しており、すべてノンステップバスである[8]

バスのボディカラーはピンク。

浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)のチームカラーやマスコットをあしらった車両を3台保有する。これはさいたま市とを結ぶ浦和美園線の開設にあたり、丸和運輸機関が浦和レッズのオフィシャルパートナー(スポンサー)である縁などからサポートの一環として丸和運輸機関側からデザインを依頼したもので、浦和レッズなど三菱自動車関連企業によるバス広告ではない。2006年(平成18年)10月7日に埼玉スタジアム2002でのお披露目を経て浦和美園線の運用に就いている[2][1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b FUSO NEWS 浦和レッズのマスコットデザインの路線バスが運行開始”. FUSO 2006年12月号. 三菱ふそうトラック・バス. 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c AERO ROAD 株式会社丸和運輸機関 株式会社ジャパンタローズ”. FUSO 2007年3月号. 三菱ふそうトラック・バス. 2013年5月21日閲覧。
  3. ^ 会社概要”. ジャパンタローズ. 2013年5月21日閲覧。
  4. ^ (株)ジャパンタローズ”. 丸和運輸機関. 2013年5月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 株式会社ジャパンタローズ”. ジャパンタローズ. 2013年5月21日閲覧。
  6. ^ a b タローズバス、浦和美園線を運行開始!”. 浦和レッドダイヤモンズ (2006年11月24日). 2013年5月21日閲覧。
  7. ^ 販売所”. ジャパンタローズ. 2013年5月21日閲覧。
  8. ^ 全国乗合バス事業者の基準適合車両導入状況 (PDF)”. 国土交通省. 2013年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]