ジャネット・L・カヴァンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャネット・リン・カヴァンディ
et Lynn Kavandi
NASA所属宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
現況 現役
誕生 1958年5月30日(55歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州スプリングフィールド
他の職業 化学者
宇宙滞在期間 33日20時間8分
選抜試験 1994年NASA選抜試験
ミッション STS-91
STS-99
STS-104
記章 Sts-91-patch.pngSts-99-patch.pngSts-104-patch.png

ジャネット・L・カヴァンディ(Janet Lynn Kavandi、1959年7月17日-)は、ミズーリ州カーシッジ出身のアメリカ合衆国の科学者、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。3度のスペースシャトルのミッションを経験した。

教育[編集]

カヴァンディは、1977年にカーシッジ高校を首席で卒業した。その後1980年にミズーリ南州立大学で化学の学士号、1982年にミズーリ科学技術大学で修士号、1990年にワシントン大学で博士号を取った。

化学者としてのキャリア[編集]

カヴァンディは、1980年にボーイング社で防衛プロジェクトに携わった。

NASAでのキャリア[編集]

カヴァンディは、1994年12月にNASAの宇宙飛行士の候補となり、1995年3月からジョンソン宇宙センターで訓練を受けた。1年間の訓練を経て、国際宇宙ステーションのペイロードを集積させる補助の仕事に就いた。1998年6月2日から12日に行われた9度目にして最後のスペースシャトルとミールのドッキングミッションであるSTS-91ではミッションスペシャリストとして初めて宇宙に行った。その後はNASAの管制塔で交信担当員を務めた。2度目のミッションは2000年2月11日から22日のSTS-99で、4700万マイル離れた地球表面のデータを集め、高解像度の3次元地形図を作るのに協力した。

カヴァンディはその後、ISSとスペースシャトルのロボットマニピュレータの操作の訓練を受けた。彼女の直近のミッションは、2001年7月12日から24日のSTS-104である。乗組員はジョイントエアーロックの“Quest”を取り付け、第2次長期滞在の乗組員と共同作業を行った。カヴァンディはソニー・カーター訓練施設にある無重量環境訓練施設で宇宙遊泳の訓練を受けていたが、STS-104ではその機会がなかった。

最後のミッションの後、カヴァンディはISSのハードウェアやソフトウェアの開発や、ISS乗組員の訓練、作業、安全、居住性に責任を持つ立場になった。

外部リンク[編集]