ジャネット・ランキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャネット・ランキン
Jeannette Rankin
Jeannetterankin.jpg
ジャネット・ランキン(1916年)
生年月日 1880年6月11日
出生地 US flag 38 stars.svg アメリカ合衆国モンタナ州ミズーラ郡
没年月日 1973年5月18日(92歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州カーメル
現職 ソーシャルワーカー, アクティビスト
所属政党 共和党

任期 1917年3月3日 - 1919年3月3日

任期 1941年1月3日 - 1943年1月3日
テンプレートを表示

ジャネット・ピカリング・ランキン (英語: Jeannette Pickering Rankin, 1880年6月11日 - 1973年5月18日) は、アメリカ合衆国政治家。史上初の女性アメリカ下院議員。生涯を通じて平和主義者として活動し、アメリカ合衆国が第一次第二次大戦に参戦することに対して、ただ一人両方に反対したことで知られ、ベトナム戦争での反戦活動の先頭にも立った。

生涯[編集]

アメリカ合衆国モンタナ州ミズーラで、牧場主と教師の子として生まれた。

1902年モンタナ州立大学卒。1908年に社会奉仕活動の経験を始めるきっかけになったニューヨークに移住。その後シアトルワシントン大学に入学し、初期の選挙権運動に参加。モンタナ州での女性参政権容認に重要な役割を果たしたうちの一人といえる。

1916年11月7日下院議員共和党から出馬して、モンタナ州選出議員として当選。1917年3月4日に初登院した。1年もしないうちに第一次世界大戦への参戦を決める議決において、彼女は他の55名とともに反対し、新聞などで非難された。戦争には反対したものの、戦費調達のための自由公債を購入し、また徴兵令には賛成した。1918年、共和党上院議員候補の指名を受けようとしたが得られず、無所属候補として立候補したが落選。その後約20年間、ワシントンD.C.ロビイストとして活動した。

1940年、反戦を政策に掲げ、再び下院議員に当選した。1941 - 1943年在任。真珠湾攻撃の後に開かれた議会において、「女は戦争に行けないから、私は他の誰をも戦争に行かせることができない。」と発言して、下院で唯一、開戦・対日宣戦布告に反対。対独・対伊宣戦布告には態度を曖昧にした。次の選挙には出馬しなかった。その後、何度かインドを訪問し、マハトマ・ガンディーら同志の平和主義者と会談した。

ジャネット・ランキン

1968年、「ジャネットランキン旅団」と名乗る5,000人を超える女性を引き連れ、アメリカの国会議事堂に向かって行進し、ベトナム戦争への介入に対し反対をアピール。1972年全米女性機構 (NOW) が、彼女を偉大な女性改革家として「スーザン・アンソニー名誉の殿堂」入りに選出し、多年の活動に感謝の意を表した。

1973年カリフォルニア州のカーメルにて死去。 1985年、銅像が連邦議事堂国立彫像ホール・コレクションに飾られることになった。

参考文献[編集]

  • 大蔵雄之助『一票の反対 ジャネット・ランキンの生涯』麗澤大学出版会 2004年 ISBN$-89205-480-1
  • ハンナ・ジョセフソン『絶対平和の生涯 アメリカ最初の女性国会議員ジャネット・ランキン』藤原書店 1997年 ISBN 978-4-89434-062-6

外部リンク[編集]

議会
先代:
トム・スタウト
モンタナ州選出下院議員
モンタナ州第2選挙区

1917 - 1919
次代:
カール・W・リディック
先代:
ジェイコブ・ソーケルソン
モンタナ州選出下院議員
モンタナ州第1選挙区

1941 - 1943
次代:
マイク・マンスフィールド