ジャナクプル鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の鉄道一覧 > ジャナクプル鉄道
カジュリ駅

ジャナクプル鉄道(じゃなくぷるてつどう)またはネパール鉄道は、ネパールインドの国境沿いの狭い空間で走るネパール唯一の鉄道。ネパール東部の街ジャナクプルを中心にして約51kmの路線を持つ鉄道である。

概要[編集]

現在は、ネパール唯一の鉄道。かつては「ネパールガバメント鉄道」という、インドのラクソールを起点にビルガンジを経由してカトマンズを目指し、50kmほど敷設された路線もあったが、1950年代に廃線となった。

起点となるジャイナガルはインドに属し、そこから両国の国境をまたいでジャナクプルに出て、更にビサルプラまで路線を延ばしている。1935年にインドを植民地インド帝国)とし、インドとネパールの国境沿いで軌間762mm(狭軌)の軽便鉄道規格で敷設した。

国際列車ではあるが、インド・ネパール国民は相互の国を無審査で往来する事ができるため、国境を挟む両駅での出入国管理業務などはない。そのため、日本人など両国民以外の人は国境をまたぐカジュリ~ジャイナガル間約8kmは乗車できない。しかし鉄道局員なども国境の意識が薄いため、明らかな外国人に対してカジュリ~ジャイナガル間を含む乗車券を販売したり、挙句の果ては「列車の中で待機していればすぐ折り返すから問題ない」と、密入国を推奨する有様だといわれている。

なお、軌間が特殊であることや経済的事情から蒸気機関車1994年に至るまで使用され、世界の鉄道ファンからも注目されていた事があったが、現在ではインドから譲渡されたディーゼル機関車に全て置き換えている。また客車のほうはかなり老朽化したものが今でも使用されていて、列車は乗客で鈴なりになり、屋根にも人が乗った状態で走るのが日常化している。保線状況も悪く、ジャイナガル~ジャナクプル間29kmに約2時間を要している。それでもファーストクラスとセカンドクラスがある2等級制を採用している。

2000年当時、ジャイナガル~ジャナクプル間に3往復、ジャナクプル~ビサルプラ間に1往復の旅客列車が設定されていた。

将来的には、ジャイナガル~ジャナクプル間をインドにおいて使用されている1676mmの広軌に改軌し、ジャイナガルで接続しているインド国鉄から直通運転を行う構想もあり、インドは2004年にそのための調査団を派遣したりしている。

本線を走る列車(2012年)

路線と主要駅[編集]

  • (本線) ジャイナガル - カジュリ - マニナトゥプル - シャヒード・サロジ・ナガ・ハルト - バイデヒー - パルバハ - ジャナクプル 29km
  • (支線) ジャナクプル - ピプラディ - ロハルパッテイ - シンギャヒー - ビザルプラ 22km

関連項目[編集]

外部リンク[編集]