ジャック=シャルル・デュポンドルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック=シャルル・デュポン・ド・ルール

ジャック=シャルル・デュポン・ド・ルール: Jacques-Charles Dupont de l'Eure1767年2月27日 - 1855年3月3日)は、フランスの法律家、政治家で、1848年二月革命後、臨時政府閣僚評議会議長(Président du Conseil des ministres)を務めた。

ノルマンディー、ヌーブール(現在のウール県)出身。フランス革命勃発時にノルマンディー高等法院の付属弁護士であった。第一共和政からナポレオン第一帝政にかけて、ルヴィア、ルーアンエヴルーの法律事務所に勤務する。始めて政治職についたのは1798年総裁政府の時代である。デュポン・ド・ルールは、五百人院議員に選出された。

1813年立法院議員となり、王政復古代議院英語版議員、ナポレオンの百日天下代議院英語版副議長にそれぞれ選出される。1815年第七次対仏大同盟で対仏連合軍がパリに入城した際、フランス革命によって打ち立てられた自由の諸権利を維持する目的で申告書を著し、連合軍との交渉に当たるため代表団の一員に選ばれた。

1817年ルイ18世の復位によって成立した復古王政期からルイ・フィリップ七月王政の期間、デュポン・ド・ルールは継続して代議院議員を務め、この間一貫して自由主義者として行動し、院内における同グループの事実上の領袖であった。1830年司法大臣に就任したが、王党派とついに折り合いが合わず数ヶ月で辞任し、野党に身を置くこととなった。

1848年、二月革命が勃発した後、デュポン・ド・ルールは臨時政府の首相に就任した。1849年、公職を辞し、引退した。

デュポン・ド・ルールは、その政治生活において、一貫して自由主義、立憲主義の擁護を主張し、同時代人の尊敬を得、人々をして「フランスのアリスティデス[1]」と呼ばれるに至った。


脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アリスティディス(: Aristides)またはアリステイデス(: Aristeides)。マラトンの戦いで活躍したアテナイの軍人で政治家。テミストクレスと対立して陶片追放された。”正義の人”の代名詞として知られる。(Aristides
先代:
ルイ・フィリップ
(フランス国王)
フランス政府首班
1848年2月24日 - 5月6日
次代:
行政権力委員会
フランソワ・アラゴ
アルフォンソ・ド・ラマルテイーヌ
ルイ・アントワーヌ・ガルニエール=ページ
アレクサンドル・オーギュスト・レドル=ロラン
ピエール・マリ

Public Domain この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911) Encyclopædia Britannica (11th ed.) Cambridge University Press