ジャック・レーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jacques Loeb

ジャック・ローブジャック・レーブJacques Loeb, 1859年4月7日 - 1924年2月11日)は、アメリカ合衆国生理学者、生物学者。ドイツのコブレンツ近郊マイエン生まれ。一般生理学比較生理学の地位の確立者。

ベルリンミュンヘンストラスブールの大学で学んだ。1886年にヴュルツブルク大学で生理学部のアシスタントとなった。1892年にはシカゴ大学に招聘されて、米国に渡った。1899年からシカゴ大学で生理学と実験生物学の教授を務めた。ウッズホール海洋生物学研究所の研究者の一人。

著作[編集]

  • Der Heliotropismus der Thiere und seine Uebereinstimmung mit dem Heliotropismus der Pflanzen, 1890
  • Untersuchungen zur physiologischen Morphologie der Thiere, 二巻, (Band I: Über Heteromorphose), 1891, 1892
  • Einleitung in die vergleichende Hirnphysiologie, 1899
  • On the transformation and regeneration of organs, in: American Journal Physiology, 4 (1900) 60-68
  • On the production and suppression of muscular twitchings, 1906
  • Vorlesungen über die Dynamik der Lebenserscheinungen, 1906
  • The dynamics of living matter, New York, 1906
  • Die chemische Entwicklungserregung der tierischen Eier (künstliche Parthenogenese), 1909
  • Is species-specifity a Mendelian character?, in : Science 45 (1917), 191-193
  • Regeneration from a physico-chemical viewpoint, 1924
  • Die Eiweißkörper, Berlin 1924