ジャック・ルーボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ルーボー

ジャック・ルーボーJacques Roubaud1932年12月5日 - )は、フランス詩人エッセイスト小説家で専門は数学者である。

来歴[編集]

1932年、フランス、ローヌ県に生まれる。デビュー当時から詩の言語と構成の探求に取り組み、遊戯的であると同時に創意と工夫を凝らしたを提唱してきた。最初の書物『 ∈ 』(1967年)は、囲碁のモデルに基づいて組み立てられていて、レーモン・クノーと黎明期のウリポ(潜在的文学工房)の運動に歓迎された。そして、それに続く数々の詩集で彼の企ては追求される。例えば、短歌俳句の試みである。『もののあはれ』(1970年)、『31の3乗』(1973年)、『自伝第十章』(1977年)に続き、妻の死から着想を得た詩集『なにか くろい もの』(1986年)ではすべてが9という数に支配されるという形式上の制約が虚無体験と密接に符号して展開される。そしてジャック・ルーボーはと並行してアンソロジーエッセイの批評的著作も書き理論的考察も深める。さらに翻訳、小説の数々も著作しているが、その中でも著名なのが『麗しのオルタンス』シリーズである。

著作[編集]

詩・散文[編集]

  • Epsilion,Paris,Gallimard,1967.Rééd. Poésie,Paris, Gallimard,1988.
  • Mono no aware,Paris,Gallimard,1970.
  • Trente et un au cube,Paris,Gallimard,1973.
  • Autobiographie,Chapitre X:poèmes avec des moments de repos en prose,Paris Gallimard,1977.
  • Quelque chose noir,Paris,Gallimard,1986.
  • La Pluralité des mondes de Lewis,Paris,Gallimard,1991.
  • La Forme d'une ville change plus vite,hélas,que le cœur des humains,Paris Gallimard,1999.

小説・物語[編集]

  • La Belle Hortense,『麗しのオルタンス』Paris Ramsay,1985.Rééd.Paris,Seghers,1990.POints,Paris,Seuil,1996.
  • L'Enlèvement d'Hortense,『誘拐されたオルタンス』Ramsay,1987.Rééd.Paris,Seghers,1991.Points,Paris,Seuil,1996.
  • Le Grand incendie de Londres.『ロンドンの大火』Récits avec incises et bifurcations(1985-1989),Paris,Seuil,1989.
  • L'Exil d'Hortense,『亡命したオルタンス』Paris,Seghers,1990.Points,Paris,Seuil,1996.
  • La Boucle,『環』Paris,Seuil,1993.
  • Mathématique,『数学』Paris,Seuil,1997.
  • Poésie,『詩』Paris,Seuil.2000.

アンソロジー[編集]

  • Les Troubandours,Paris,Seghers,1971.Rééd.1980.
  • Soleil du soleil.Le sonnet français de Marot à Malherbe,P.O.L.,1990.

エッセイ[編集]

  • La Vieillesse d'Alexandre.Essai sur quelques états du vers français,Paris,Masoeri,1978.Rééd.Paris,Ramsay,1988.
  • L'Invention du fils de Léoprepès-Poésie et mémoire, Saulxures,Circé,1993.
  • La Fleur inverse.L'art des troubadours,Paris,Ramsay,1986.Rééd.Paris,Belles Lettres,1994.
  • Poésie et cetera:ménage,Paris,Stock,1995.

訳書[編集]

関連事項[編集]