ジャック・モイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック・モイヤー(Jack T. Moyer、1929年3月7日 - 2004年1月10日)は、アメリカ海洋生物学者カンザス州出身。

1948年コルゲート大学在学中に朝鮮戦争に徴兵され、日本に駐在。このとき、三宅島の近くの大野原島(通称三本岳)にのみ生息する日本固有種のカンムリウミスズメを、ハリー・S・トルーマン大統領の側近に手紙で訴えて爆撃計画を阻止することで救った。

1954年に一旦帰国し、コルゲート大学を卒業。1957年三宅島に中学校の英語教師として赴任。以降、三宅島に永住し、アカコッコや海洋生物などの生態研究を続ける。1984年東京大学において「魚の繁殖生態」により博士号を取得する。

クマノミ性転換の発見、三宅島に生息する魚類ミヤケテグリネズッポ科)の発見など、数多くの業績を残し、また同時に環境問題にも通じていた。

2000年三宅島が噴火し、全島避難が行われるとあきる野市の市営住宅に居を移した。それと共にフィリピンに開いていた自然学校の経営が悪化し、資金繰りに苦しむようになる。その後、噴火活動の沈静化を受けて、三宅島周辺のサンゴ礁の調査に従事。ジャック・マイヨール自殺に関しては「自殺は良くないね」と言っていたが、2004年にあきる野市の自宅で、妻への感謝を述べた遺書を残して自殺した。

2014年に以前の勤め先のインターナショナルスクールで1960年台から1990年代まで数十人の女子生徒に性的暴行を与えていたことが明るみに出て、実は2000年彼から性的暴行を受けた被害女性数人によりこの事実を突き付けられた挙句、被害女性が事を公にするとの連絡を受けた数日後に自殺したとされている。2014年問題となった就職先のインターナショナルスクールは、1970年代後半をはじめ1980年台、1990年など数回に渡り、この事実を告げられていたものの全く対処しなことに業を煮やした被疑者女性と学校OBがJapan Timesにこの事実を告発した。その後、学校は全生徒及び学校関係者、卒業差に対して事実を初めて認識し、謝罪メールを送信した。

異色CD[編集]

  • 『PAPA JACK MOYER 地球の子供たちへ TO THE CHILDREN OF THE EARTH -You are the Future-』
(2000年 / ビクターエンタテインメント)ジャズピアニスト佐山雅弘らのサポートで製作。

外部リンク[編集]