ジャック・ベッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ベッケル
Jacques Becker
生年月日 1906年9月15日
没年月日 1960年2月21日(満53歳没)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
死没地 同上
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1935年 - 1960年
配偶者 フランソワーズ・ファビアン1956年 - 1960年
著名な家族 ジャン・ベッケル (息子)
主な作品
現金に手を出すな
モンパルナスの灯

ジャック・ベッケルJacques Becker, 1906年9月15日 - 1960年2月21日) は、フランス映画監督脚本家フランソワ・トリュフォーをはじめとするヌーヴェルヴァーグの監督たちに敬愛された数少ないフランス人監督の一人である。

来歴[編集]

1906年9月15日パリで生まれる。幼少期に画家のポール・セザンヌを通じてジャン・ルノワールと知り合い、1931年から1938年まで助監督を務めた。

1942年、初の長編となる『最後の切り札』を発表。以後、『赤い手のグッピー』(1943年)や『偽れる装い』(1945年)といった作品を発表する。1947年の『幸福の設計』はカンヌ国際映画祭で恋愛心理映画賞を、1949年の『七月のランデヴー』はルイ・デリュック賞を受賞した。これらの作品は1951年の『エドワールとキャロリーヌ』とともに「パリ市井三部作」として知られる[1]

1952年シモーヌ・シニョレを起用した『肉体の冠』を発表。1954年の『現金に手を出すな』はフレンチ・フィルム・ノワールの古典として知られ、ジャン・ギャバンヴェネツィア国際映画祭男優賞をもたらした。1958年にはジェラール・フィリップを起用し、アメデオ・モディリアーニの半生を描いた『モンパルナスの灯』を発表した。同作はマックス・オフュルスが生前に企画していたものである。1960年の『』は脱獄映画の傑作として知られる。同年2月21日、53歳で病死した。

私生活[編集]

1956年女優フランソワーズ・ファビアンと結婚した。息子のジャン映画監督に、エチエンヌは撮影監督になった。孫のルイはプロデューサーである。

監督作品[編集]

肉体の冠

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・ベッケル - アテネ・フランセ文化センター”. Athenee Francais. 2014年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]