ジャック・デンジャモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・デンジャモンド、2012年撮影。

ジャック・デンジャモンド(Jack Dangermond)は、アメリカ合衆国実業家環境科学者1969年に妻ローラ (Laura) とともに、地理情報システム (GIS)ソフトウェアの会社Environmental Systems Research Institute(環境システム研究所:ESRI)を創設した。

デンジャモンドはESRIの創業者、社長であり、カリフォルニア州レッドランズのESRI本社を拠点に活動している。ESRIは、当初は土地利用分析を行なう目的で創設されたが、事業の中心はGISソフトウェアの開発へと展開し、1980年代はじめにARC/INFOを発表したことで脚光を帯びるようになった。ARC/INFOの開発と販売によって、ESRIはGISソフトウェアの業界で支配的なシェアを獲得した。今日、ESRIはGISソフトウェア開発にたずさわる企業としては世界で最も大きく、その主力商品であるArcGISは、かつてデンジャモンドが最初に取り組んだARC/INFOの開発以来の系譜を引くものである。

生い立ち[編集]

ジャック・デンジャモンドは、カリフォルニア州レッドランズで育った。両親はレッドランズで育苗施設を所有していた[1]。 デンジャモンドは地元のレッドランズ高校 (Redlands High School) に学んだ。

デンジャモンドは、カリフォルニア州立工科大学ポモナ校 (California State Polytechnic University, Pomona (Cal Poly Pomona)) でランドスケープ・アーキテクチャー環境科学を学んで卒業した[1]。その後、ミネソタ大学に進んで都市計画を学び、建築学修士 (Master of Architecture) の学位を取得し、さらに1969年にはハーバード大学デザイン大学院 (GSD)からランドスケープ・アーキテクチャーの修士号を得た[1]。GSDのコンピュータグラフィックスおよび空間分析研究室 (Laboratory for Computer Graphics and Spatial Analysis, LCGSA) におけるデンジャモンドの初期の業績は、ESRIによるARC/INFO GISの開発に直結するものであった。デンジャモンドは、世界中の大学から、13の名誉学位を贈られている。

受賞と栄誉[編集]

デンジャモンドは、GISの手法、GISソフトウェアの市場、GIS技術研究や関連する分析手法などの開発に強い影響力を与えてきた。デンジャモンドは、その業績の大きな影響力を反映して、多数のを受賞しており、その中には、以下も含まれている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c Howell, Donna (2009年8月14日). “Jack Dangermond’s Digital Mapping Lays It All Out”. Investor's Business Daily. http://www.investors.com/NewsAndAnalysis/Article.aspx?id=503454 2009年8月21日閲覧。 
  2. ^ David Braun (2010年7月13日 (2010-07-13)). “Nat Geo awards Alexander Graham Bell Medals to GIS pioneers”. National Geographic Society. 2011年6月22日 (2011-06-22)閲覧。

外部リンク[編集]