ジャック・オトテール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・オトテール
Jacques-Martin Hotteterre
Hotteterre.jpg
基本情報
出生 1674年9月29日
フランスの旗 フランスパリ
死没 1763年7月16日(満88歳没)
フランスの旗 フランスパリ
職業 作曲家フルート奏者
担当楽器 フルート
活動期間 盛期バロック音楽

ジャック=マルタン・オトテール(Jacques-Martin Hotteterre, 1674年9月29日 - 1763年7月16日)は、フランス盛期バロック音楽作曲家フルート奏者。パリ管楽器職人の家庭に生まれ、パリに没した生粋のパリジャンである。名前は単にジャック・オトテール(Jacques Hotteterre)とも呼ばれ、またローマ留学をしたことから、オトテール・ル・ロマン(Hotteterre Le Romain)という愛称でも知られている。1705年に宮廷楽団「グランデキュリー」(Grande Écurie)の一員となった。

オトテールの名声は、ほとんどフルート演奏の能力によっており、この楽器のためにオトテールが作曲したたくさんの楽曲は、レパートリーをかなり押し広げた。オトテールはファゴットミュゼットの演奏も得意とした。

オトテールは、フラウト・トラヴェルソの設計に数々の変更を付け加えた。最も重要なのは、フルートを3つの部分に分け、頭部(マウスピース付き)、胴体(ほとんどの音孔つき)、脚部(いくつかの音孔あり)としたことである。このような分割は、現代式フルートにも受け継がれている。

オトテールはバロック・オーボエの改造にも寄与し、ジャン=バティスト・リュリヘンリー・パーセルの管絃楽曲でオーボエが活用されるきっかけを作った。

外部リンク[編集]