ジャスパー国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスパー国立公園。フライアット・バレーからの眺め
ビッグホーン。メディスン湖にて

ジャスパー国立公園(ジャスパーこくりつこうえん、英語: Jasper National Park)はカナダアルバータ州にあり、カナディアン・ロッキー内における最大の国立公園。総面積は10,878平方キロメートル(4200平方マイル)におよぶ。位置的にはバンフ国立公園の北、エドモントンの西にある。

同公園はコロンビア氷原から流れ出す氷河温泉から構成される。公園内に生息するものとしてアメリカアカシカトナカイヘラジカ、ミュールジカ、オジロジカ、シロイワヤギビッグホーンハイイログマアメリカグマビーバー、ロッキー・マウンテン・ナキウサギ、ホーリー・マモット、オオカミピューマクズリなどが挙げられる。

歴史[編集]

この地域でノースウェスト会社(the North West Company)のためにトレーディング・ポストen 西部開拓時代の交易所)を運営していたジャスパー・ホーズ(Jasper Hawes)にちなんで、ジャスパーと名づけられた。それ以前はフィッツフュー(Fitzhugh)と呼ばれていた。

1907年9月14日にジャスパー森林公園となり、1930年には国立公園法(National Parks Act)[1]が可決したことで国立公園に昇格される。2006年に訪れた観光客は198万8600人[2]

世界遺産として[編集]

同公園は山岳風景、氷河、湖、滝、峡谷鍾乳洞があり、化石も発見されていることから、1984年カナディアン・ロッキー山脈自然公園群の一部としてユネスコ世界遺産自然遺産)に登録された。

地形[編集]

ノースサスカチュワン川ハドソン湾盆地にあるウィニペグ湖へ流れ込む)や、アサバスカ川とスモーキー川(北極海盆に流れ込む)といった大きな川の源流がジャスパー国立公園内にある。

観光[編集]

マウント・エディス・キャベル

公園内には写真撮影に適した風景に事欠かない。マウント・エディス・キャベル、ピラミッド湖とピラミッド山、マリン湖、メディスン湖、トンキン・バレーなどがあり、夕方の撮影に適しているマリン湖以外は、日の出の撮影が最も適しているとされる。

マーモット・ベイスンのスキー場、バスのサイズのスノーモービルであるスノコーチ(Snocoach)で行くアサバスカ氷河ツアー、コロンビア氷原の支流、アサバスカの滝、マリン湖、ウィスラーまでロープウェーであるジャスパートラムウェイがあるほか、ハイキング、釣り、野生動物観察、ラフティングカヤック、キャンプなど数え切れないアウトドア・レクリエーションが楽しめる。公園の北東の入り口近くには、ミエッテ温泉がある。

アイスフィールド・パークウェー

最も素晴らしい観光としてはアイスフィールド・パークウェー(en:Icefield Parkway)が挙げられる。これは同じくアルバータ州にあるバンフ国立公園レイク・ルイーズとジャスパーを繋ぐ230キロの高速道路である。この道路はロッキー山脈分水界と平行に走っており、車やオートバイから素晴らしい山を眺めることができる。

脚注[編集]

外部サイト[編集]