ジャスティン・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティン・ミラー
Justin Miller
JustinMMiller.JPG
2007年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州トーランス
生年月日 1977年8月27日
没年月日 2013年6月26日(満35歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 MLBドラフト5巡目
初出場 MLB / 2004年4月26日
NPB / 2006年5月31日
最終出場 NPB / 2006年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・マーク・ミラー(Justin Mark Miller, 1977年8月27日 - 2013年6月26日[1])は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手投手)。

来歴[編集]

1995年、サンフランシスコ・ジャイアンツからドラフト34巡目で指名されるも入団せず。1997年、コロラド・ロッキーズからドラフト5巡目で指名され入団する。1999年オフ、オークランド・アスレチックスミルウォーキー・ブルワーズとが絡んだ三角トレードでアスレチックスに移籍。2001年オフ、トレードでトロント・ブルージェイズに移籍。

2002年、メジャーリーグデビューを果たし、ローテーションの穴を埋める形で先発をして防御率5点台ながらも9勝を挙げる。しかし、2003年は肩の手術のため1年間を棒に振る[2]。2004年、メジャーに復帰し、前々年同様ローテーション谷間の先発を中心に登板する。しかし、手術による戦線離脱中に多くのタトゥーを腕に施していたため、打者から紛らわしいとのクレームがついて、以後長袖の着用を義務づけられた[2]。2005年FAとなる。

2006年タンパベイ・デビルレイズとマイナー契約を結び、同傘下のAAA級ダーラムでプレーしていたところ、シーズン途中に千葉ロッテマリーンズが獲得する。

5月31日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、延長11回表一死二塁の場面で初登板も、最初のアダム・リグスに決勝2ランを浴びる。その後4試合は1試合ごとに三者凡退と大量失点を繰り返し、6月4日の対広島東洋カープ戦では1アウトも取れず4失点し敗戦投手、6月8日の対中日ドラゴンズ戦では1回0/3を7失点の乱調で二軍落ちする(5試合で3回2/3自責点12、防御率29.45)。9月に一軍に復帰してからは好投を見せるも(7試合で8回自責点2、防御率2.25)、10月5日に自由契約となった。

2007年フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結び傘下のAAA級オタワでプレーするも解雇され、フロリダ・マーリンズとマイナー契約。傘下のAAAアルバカーキに所属し、5月19日にはメジャー昇格を果たした。

2008年は開幕戦のニューヨーク・メッツ戦に登板し勝利投手になった。8月3日に解雇され、11月1日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結ぶ。

2009年12月4日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約。

2010年11月17日にシアトル・マリナーズとマイナー契約。2011年4月25日に解雇され、29日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結ぶも再び解雇される。7月4日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶも、25日に解雇された。

2013年6月26日夜、フロリダ州で遺体となって発見された。場所の詳細や死因は公表されていない[1][3][4]

人物[編集]

スキンヘッドに加え、腕や足首にはタトゥーという厳つい外見であったが、実際は笑顔でサインに応じるなどファンには優しかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 TOR 25 18 0 0 0 9 5 0 1 .643 469 102.1 103 12 66 2 11 68 6 0 70 63 5.54 1.65
2004 19 15 0 0 0 3 4 0 0 .429 375 81.2 101 14 42 3 5 47 3 1 58 55 6.06 1.75
2005 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.1 5 3 0 0 0 2 0 0 4 4 15.43 2.14
2006 ロッテ 12 0 0 0 0 0 1 0 1 ---- 63 11.2 18 3 10 1 0 11 2 1 14 14 10.80 2.40
2007 FLA 62 0 0 0 0 5 0 0 17 1.000 259 61.2 53 5 24 6 0 74 4 1 27 25 3.65 1.25
2008 46 0 0 0 0 4 2 0 7 .667 202 46.2 46 4 20 3 3 43 1 1 26 22 4.24 1.41
2009 SF 44 0 0 0 0 3 3 0 1 .500 236 56.2 47 7 27 2 1 36 3 0 20 20 3.18 1.31
2010 LAD 19 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 103 24.1 22 4 8 2 3 30 2 1 12 12 4.44 1.23
MLB:7年 216 33 0 0 0 24 14 0 27 .632 1656 375.2 377 49 187 18 23 300 19 4 217 201 4.82 1.50
NPB:1年 12 0 0 0 0 0 1 0 1 ---- 63 11.2 18 3 10 1 0 11 2 1 14 14 10.80 2.40
  • 2010年シーズン終了時点

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 34(2002年、2004年 - 2005年)
  • 36(2006年)
  • 32(2007年 - 2008年)
  • 45(2009年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞2013年6月30日
  2. ^ a b The Rule : Justin Miller
  3. ^ http://www.sanspo.com/baseball/news/20130629/mar13062913510002-n1.html ボビー秘蔵っ子の元ロッテ投手、遺体で発見]:サンスポ2013年6月29日
  4. ^ 元ロッテのミラー投手が死去 35歳、死因は未公表:河北新報2013年6月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]