ジャコウインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャコウインコ
Musklorikeet.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
亜科 : ヒインコ亜科 Psittacinae
: ジャコウインコ属 Glossopsitta
: ジャコウインコ G. concinna
学名
Glossopsitta concinna
(Shaw, 1791)
和名
ジャコウインコ
英名
Musk Lorikeet

ジャコウインコ (学名:Glossopsitta splendida)は、オウム目インコ科に属する鳥類でオーストラリア固有種

分布[編集]

クイーンズランド州中部からニューサウスウェールズ州東部、ビクトリア州、南オーストラリア州のアデレードのあたりまでと、タスマニア島。

形態[編集]

全長20-23cm、体重約70g[1]

全身はほぼ黄緑色で、耳羽、前頭部、くちばしは赤色。頭頂は青みのある緑色。後頭部から背面にかけてはオリーブ色。尾羽の下面は基部が赤色で、先端に行くにしたがって黄色みを帯びる。雌雄ほぼ同色だが、メスの方が、頭頂の青みがより少ない。

生態[編集]

ひらけたユーカリの森などに生息している。食性は草食性で、おもにユーカリの花の花粉や密を採食する。 繁殖期は主に8月から1月にかけて。巣は通常、樹洞に作られる。一回の産卵で、25x20 mmの白い卵を2つ産卵する。約22日後に孵化し、雛は約50日で巣立ちする[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Musk Lorikeet”. Australian Museum - Birds in Backyards. 2009年8月22日閲覧。
  • Michael Morcombe,Field Guide to Australian Birds, Steve Panish Publishing, 2004, ISBN 9781740215596