ジャクマリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
血の復讐の危険にさらされた人が避難のために使用した塔。アルバニア北部のセシ(Thethi)にて

ジャクマリャアルバニア語:Gjakmarrja)、ハクマリャHakmarrja)、あるは血の復讐血の報復血讐とは、単に「カヌン」(Kanun)とも通称されるアルバニア人の氏族の歴史的な掟「レク・ドゥカジニ[1]の掟」(Kanuni i Lekë Dukagjinit)の中で認められている、殺人に対して殺人で報いることを認める定め[2][3]

報告によると[4]、ジャクマリャに基づいた報復殺人の事例が、共産主義政権崩壊に伴う秩序の崩壊によって、法による統制が失われたアルバニアの辺境部、特にアルバニア北部地方でみられる一方、コソボでは希であるとしている。アルバニア・ヘルシンキ委員会によると、報復殺人の広がりは、法治体系の機能不全が原因であると見ている。

ティラナ大学の法学の教授イスメト・エレジ(Ismet Elezi)は、カヌンで認められた血の復讐では報復による殺人を認めているが、その中では何人を殺害してもよいかを定め、女性や子供、老人に対する殺害を厳しく禁止しているという[5]

アルバニアの作家イスマイル・カダレは、ジャクマリャはアルバニアに固有の特徴ではなく、歴史的にはバルカン半島全域に広くあったものと考えている[6]。カダレの小説『砕かれた四月』に基づくブラジルの映画『Abril Despedaçado』では、先祖の代より続いてきた2つの地主の家系の間での血の復讐を取上げている。映画では、舞台をアルバニアではなく1910年のブラジルの荒地としている。

参考文献[編集]

  • Diana Gellçi (2005): GJAKMARRJA: Albanian Highlander's "Blood Feud" as Social Obligation, AIIS, Tirana, Albania
  1. ^ Lekë Dukagjini
  2. ^ Guillaume Bonnet (2007年8月8日). “【動画】アルバニア、「血讐」におびえる家族 国際ニュース : AFPBB News” (日本語). AFP. 2009年1月13日閲覧。
  3. ^ 海外安全ホームページ” (日本語). 日本国外務省 (2005年4月26日). 2009年1月13日閲覧。
  4. ^ http://judgments.fedcourt.gov.au/2004/J040860.yes.doc.htm
  5. ^ http://www.rferl.org/features/2001/10/12102001123602.asp "Albania: Blood Feuds -- Blood For Blood", in Radio Free Europe / Radio Liberty, by Jolyon Naegele
  6. ^ http://pajtimi.com/faqebrenda.php?newsID=40&lang=eng This Blood Feud with Kalashnikov is Barbarian, by Ismail Kadare

外部リンク[編集]