ジャカランダ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリモドキ属
Jacaranda mimosifolia flowers and leaves.jpg
Jacaranda mimosifolia
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae
: キリモドキ属 Jacaranda
学名
Jacaranda Juss.
和名
ジャカランダ
シウンボク(紫雲木)
キリモドキ(桐擬)
英名
Jacaranda
  • Jacaranda
  • Dilobos

ジャカランダ属またはキリモドキ属Jacaranda)は、ノウゼンカズラ科に属する中南米原産の低木または高木からなるである。

ジャカランダ (jacaranda) と総称されるが、うち1種キリモドキ Jacaranda mimosifolia を意味することもある[1][2]マメ科ブラジリアン・ローズウッドもジャカランダと呼ばれることがあるのでこの属と混同されることもあるが、別目である。タルコ (tarco) とも呼ぶ。

特徴[編集]

高さは2mから30mほど。は多くが2回羽状複葉で、見かけはアカシアネムノキに似る(これはブラジリアン・ローズウッドも同様)。ただし1回羽状複葉または単葉の種もある。花は円錐花序につく。花冠は5裂し色は青または青紫色、一部に白い種類もある。雄蕊のほかに長い仮雄蕊を持つ。果実は偏平で卵形または長円形のさく果で、多数の種子を含む。原産地では桜のように葉が出る前に花が咲くが、栽培環境によっては葉が出た後に花が咲くこともある。

[編集]

49種ほどからなり、Jacaranda(中米、カリブ海、南米西部原産)とDilobos(ブラジル原産)の2つの節に下位分類される。

ブルージャカランダ Jacaranda mimosifoliaが非常に華やかなので世界の熱帯亜熱帯で広く栽培される。

主な登場作品[編集]

種子

画像[編集]

出典[編集]