ジャイシュ=エ=ムハンマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャイシュ=エ=ムハンマドウルドゥー語: جيش محمد‎、英語:Jaish-e-Mohammed、略称:JeM)は、パキスタンイスラーム主義組織。

概要[編集]

パキスタンのアザド・カシミールを拠点とするイスラム過激派カシミール地方のインドからの分離を目指しジャンムー・カシミール州を中心にテロ活動をしており、カシミール地方では最も過激な組織とされる。2002年にパキスタンのパルヴェーズ・ムシャラフ政権はJeMを非合法組織に指定した。ジャイシュ=エ=ムハンマドとは「ムハンマドの軍隊」という意味である。1968年にパキスタンのバハーワルプールに生まれたマウラナ・マスード・アズハール(Maulana Masood Azhar)はカラチイスラム原理主義組織・ハラカト=ウル=アンサール(Harkat-ul-Ansar、HuA)に加入し、その幹部となるとケニアソマリアなど各地に派遣され、ソマリアのイスラム過激派・アル=イテハド・アル=イスラミーヤ(Al-Itihaad al-Islamiya)やアルカーイダと関係を築いた[1]

活動[編集]

1994年[編集]

1994年、アズハールは、HuAを構成していた2つの派であるハラカト=ウル=ジハード・アル=イスラミー(Harkat-ul-Jihad al-Islami、HuJI)とハラカト=ウル=ムジャヒディーン(Harkat-ul-Mujahideen、HuM)の対立を仲裁しにシュリーナガルに入ったところをインド治安当局に逮捕された。HuJIはソビエト軍アフガニスタン侵攻に対抗して1984年にパキスタンで最初に結成されたイスラム原理主義組織で、HuMは1989年サイイド・アフガニ(Sajjad Afghani)をリーダーに生まれたカシミールの武装組織である。HuJI、HuMともにターリバーンとの密接な関係がある。

1999年[編集]

1999年12月、カトマンズデリー行きのインド航空814便がHuMによってハイジャックされた。機体はターリバーン統治下のカンダハルに着陸させられた。乗客の解放と交換でアズハールはインド政府から釈放され、直ちにHuMのメンバーを集めて、より過激なジャイシュ=エ=ムハンマドを誕生させた。HuMの創設者であったサイイド・アフガニもJeMのナンバー2となった。JeM創設以降、HuMは大きな活動を行っていない。一方、HuJIはパキスタン軍統合情報局(ISI)の支援を受けてインド国内・バングラデシュ国内で活発なテロを起こしている。

2001年[編集]

JeMは2001年12月13日、ラシュカレトイバ(LeT)との共同作戦でインド国会議事堂を襲撃した。その後もアメリカ人の誘拐などを繰り広げている。

脚注[編集]

  1. ^ Watson, Paul; Sidhartha Barua (2002年2月25日). “Somalian Link Seen to Al Qaeda”. LA Times. オリジナル2002年2月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20020225225917/http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-022502hawk.story 2009年1月7日閲覧。 

関連[編集]