ジャイアントコーン (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャイアントコーン。画像右は膨化したもの。画像左は油で揚げたもの。

ジャイアントコーン (giant corn) は、トウモロコシの一品種である。種子が白く大きい。

特徴[編集]

一粒の大きさ(直径)が 2 cm くらいあるが、トウモロコシの房自体の大きさは普通のトウモロコシとあまり変わらない。つまり、軸が細い。甘みはあまりなく、ややボソボソした食感がする。

ペルー中南部ウルバンハ地方 3000 m の高地のごく限られた地域でのみ栽培され、遺伝子組み換え品種も存在しない。日本で栽培しようとしても、実は大きくならない[1]

利用[編集]

主に南米アンデス地方ペルーボリビアチリ)で食用とされる。現地ではチョクロchoclo)と呼ばれている。スープに入れたり、肉料理などの添え物として用いられ、極めて庶民的な食材である。柔らかく融かしたチーズヤホァ(サルサ)を付けて食べることも多い。アンデス地方の田舎では、保存食料とするためにジャイアントコーンを軒先にほしている。

日本ではで揚げ、をまぶしたものをおつまみとして食べることが多い。カシューナッツなどのナッツ類と混合し、おつまみ用のパックとしてスーパーマーケットなどで販売されている。また、爆裂種のトウモロコシによるものではなく、膨化によるポップコーンの原料としても使用される。