ジャイアントイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャイアントイランド
ジャイアントイランド
ジャイアントイランド Tragelaphus derbianus
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: ネジツノレイヨウ族
Strepciserotini
: ブッシュバック属 Tragelaphus
: ジャイアントイランド
T. derbianus
学名
Tragelaphus derbianus
(Gray, 1847)
和名
ジャイアントイランド
英名
Giant eland

ジャイアントイランドTragelaphus derbianus)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ブッシュバック属に分類される偶蹄類。

分布[編集]

カメルーン北部、ギニアスーダン南部、セネガルチャド南部、中央アフリカ共和国[1][2][a 1]

形態[編集]

体長オス290センチメートル[2]、メス220センチメートル[1]。尾長55-78センチメートル[1]。肩高オス150-180センチメートル、メス150センチメートル[2]。体重オス450-900キログラム、メス440キログラム[1][2]。左右の眼の間には三日月状に白い斑紋が入る[1][2]。胴体に10-15本の白い横縞が入る[2]

雌雄共に先端が外側へ向かう角がある[2]。耳介は幅広く、先端が丸みを帯びる[2]。頸部腹面には肉垂がある[2]

T. d. derbianus ガンビアジャイアントイランド
胴体の毛衣は濃赤褐色や橙褐色で、横縞は14-15本[2]
T. d. gigas スーダンジャイアントイランド
胴体の毛衣は淡灰褐色で、横縞は10本の個体が多い[2]

分類[編集]

亜種コンゴジャイアントイランドは亜種スーダンジャイアントイランドと区別できないとする説もある[2]

  • Tragelaphus derbianus derbianus (Gray, 1847) ガンビアジャイアントイランド
  • Tragelaphus derbianus congolanus (Rothschild, 1913) コンゴジャイアントイランド
  • Tragelaphus derbianus gigas (Heuglin, 1863) スーダンジャイアントイランド

生態[編集]

サバンナ森林に生息する[2]

食性は植物食で、木の葉などを食べる[2]

保全状況評価[編集]

T. d. derbianus ガンビアジャイアントイランド
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[a 1]
Status iucn3.1 CR.svg
T. d. gigas スーダンジャイアントイランド
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[a 1]
Status iucn3.1 LC.svg

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、113頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、25-26頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c d The IUCN Red List of Threatened Species
    • IUCN SSC Antelope Specialist Group 2008. Tragelaphus derbianus. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.