ジメトエート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dimethoate
識別情報
CAS登録番号 60-51-5 チェック
PubChem 3082
ChemSpider 2973 チェック
UNII W6U08B045O チェック
KEGG C14326
ChEBI CHEBI:34714 チェック
特性
化学式 C5H12NO3PS2
モル質量 229.26 g/mol
外観 灰白色結晶固体
密度 1.3 g/cm3, solid
融点

43–45 °C (316–318 K)

沸点

117 °C (390 K) at 10 Pa

への溶解度 2.5 g/100 ml
危険性
MSDS External MSDS
GHSピクトグラム GHS-pictogram-exclam.svg[1]
主な危険性 高い毒性
引火点 107 °C
関連する物質
関連するリン酸エステル マラチオン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメトエート(Dimethoate)は、殺虫剤として広く用いられるリン酸エステルである。1950年代にAmerican Cyanamid社によって発明され、特許が取られた。他のリン酸エステルと同様にジメトエートは、中枢神経系の機能に不可欠な酵素であるコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害剤である。

歴史[編集]

ジメトエートはアメリカ1962年に承認された。

性質[編集]

ジメトエートはチオリンジチオリンに属する。 酸性溶液中、室温では比較的安定であるが、アルカリ性溶液中では不安定。

毒性[編集]

すべての昆虫動物を含む多くの生物における強力な神経毒として作用する。 効果の強度は、個別の質量に依存するが、機能を損傷する濃度に達した時に神経毒は、常に危険な役割を果たす。

使用[編集]

ジメトエートは、イエバエに対するアブラムシヨコバイなどの害虫に対する殺虫剤として使用されている。 また、殺ダニ剤としても使用される。 効果はアセチルコリンエステラーゼの阻害によって幼虫蛹化および変態を防止する。

プライベートにおける偶発的な過剰摂取の危険性を回避するために、単位パック当たりの吐出量は限られている。 濃度が高いと農業用に利用されジメトエートは作物保護剤としてドイツオーストリアスイスでは許可されている。

購入[編集]

師範では、液剤エアゾールスプレーなど様々なタイプがあり容易に入手可能である


出典[編集]

  1. ^ Sigma-Aldrich Co., Dimethoate. 2013年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]