ジメトエート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dimethoate
識別情報
CAS登録番号 60-51-5 チェック
PubChem 3082
ChemSpider 2973 チェック
UNII W6U08B045O チェック
KEGG C14326
ChEBI CHEBI:34714 チェック
特性
化学式 C5H12NO3PS2
モル質量 229.26 g/mol
外観 灰白色結晶固体
密度 1.3 g/cm3, solid
融点

43–45 °C (316–318 K)

沸点

117 °C (390 K) at 10 Pa

への溶解度 2.5 g/100 ml
危険性
MSDS External MSDS
GHSピクトグラム GHS-pictogram-exclam.svg[1]
主な危険性 高い毒性
引火点 107 °C
関連する物質
関連するリン酸エステル マラチオン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメトエート(Dimethoate)は、殺虫剤として広く用いられるリン酸エステルである。1950年代にAmerican Cyanamid社によって発明され、特許が取られた。他のリン酸エステルと同様にジメトエートは、中枢神経系の機能に不可欠な酵素であるコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害剤である。

出典[編集]

  1. ^ Sigma-Aldrich Co., Dimethoate. 2013年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]