ジメチルポリシロキサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジメチルポリシロキサン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 63148-62-9 チェック
特性
化学式 (C2H6OSi)n
密度 965 kg m−3
融点

N/A (vitrifies)

沸点

N/A (vitrifies)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメチルポリシロキサン(dimethylpolysiloxane)は、表面張力を低下させ、消泡作用をもつシリコーンの一種。

医薬品[編集]

ジメチルポリシロキサンは、ジメチコンDimeticoneDimethicone)とも呼ばれる。ヒトの消化管では代謝・吸収されず、未変化体のまま便と共に排出される。製品としてはガスコン®(キッセイ薬品工業)[1]が代表的。後発品としてはバルギン、バロス、バリトゲン消泡内用液などがある。
治療薬としては、消化管内でのガス貯留に対して処方される。
検査補助薬としては、胃透視上部消化管内視鏡検査での泡の除去のため用いられる。

服用しやすいようにフレーバーをつける(バリトゲン消泡内用液)など、製剤としては各社各様に工夫をしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ガスコン 添付文書情報 - キッセイ薬品工業株式会社 2007年6月。2013年2月11日閲覧。