ジム・ヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BIG・ジム・ヨーク
基本情報
本名 ジム・ヨーク
(Jim York)
通称 BIG
マオリの1000万パワー
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
生年月日 1976年2月29日(39歳)
出身地 インバーカーギル
所属 ファイブリングス・ドージョー
→Team BIG JIM
身長 186cm
体重 113kg
階級 ヘビー級
スタイル ラグビーリーグボクシング
テンプレートを表示

BIG・ジム・ヨークBig Jim York、男性、1976年2月29日 - )は、ニュージーランド総合格闘家インバーカーギル出身。Team BIG JIM所属。

来歴[編集]

学生時代にボクシングを経験。その後、19歳まではラグビーリーグの選手として活動していた[1]

2006年からは日本の総合格闘技イベントMARSに参戦。2006年4月29日の韓国大会「MARS WORLD FIGHTING GP in SEOUL」ではイム・ジュンスフロントチョークで一本勝ち。

2008年5月18日、戦極初参戦となった戦極 〜第二陣〜中尾"KISS"芳広と対戦。2R右フックでダウンしたところへパウンドで追撃されTKO負けを喫した。

2009年3月20日、戦極 〜第七陣〜ジェームス・トンプソンと対戦し、左ストレートでKO勝ちを収めた。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 6 9 0 0 0 0
4 2 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ルーカス・ブラウン 2R TKO(パンチ連打) Xtreme MMA 3
【XMMAオセアニアヘビー級タイトルマッチ】
2010年11月5日
フェリックス・レニウ 1R 1:27 リアネイキドチョーク Xtreme MMA 2: ANZ vs. USA 2010年7月31日
ピーター・グラハム 1R 3:44 チョークスリーパー Impact FC 2 The Uprising: Sydney 2010年7月18日
ブランドン・キャッシュ 1R 4:33 ギブアップ(パンチ連打) Cage Fighting Championships 14 2010年6月5日
× デイブ・ハーマン 1R 2:25 KO(グラウンドの踵落とし) 戦極 〜第十一陣〜 2009年11月7日
× アントニオ・シウバ 1R 3:51 肩固め 戦極 〜第十陣〜 2009年9月23日
ジェームス・トンプソン 1R 4:33 KO(左ストレート) 戦極 〜第七陣〜 2009年3月20日
× 中尾"KISS"芳広 2R 0:46 TKO(右フック→パウンド) 戦極 〜第二陣〜 2008年5月18日
IRO関 1R 0:46 TKO(パウンド) MARS 07 "TORNADO RETURNS" 2007年4月15日
アンソニー・"辰治"・ネツラー 1R 1:03 KO(左フック) MARS in 両国国技館 〜NEW DEAL〜 2006年8月26日
イム・ジュンス 1R 1:56 フロントチョーク MARS WORLD FIGHTING GP in SEOUL 2006年4月29日
ブラッド・モリス 3R 2:59 KO(ハイキック) KOTC: Gunfather 2006年2月10日
ダレン・バートニ 1R ギブアップ(パンチ連打) Dojo KO: First Elimination 2005年5月7日
ミック・クタジャール 1R 0:59 ギブアップ Warriors Realm 2 2004年12月10日
シェイン・ディスタン 1R 1:45 チキンウィングアームロック Spartan Reality Fight 12 2004年11月27日
ガレス・ヘンダーソン 1R 1:48 ギブアップ(パンチ連打) Warriors Realm 1 2004年9月3日
ショーン・ヘインズ 1R 0:49 TKO(負傷) Spartan Reality Fight 9 2004年4月3日
ネイサン・ホワイト 1R 0:57 フロントチョーク Spartan Reality Fight 8 2003年11月29日
× ダグ・マイヤー 2R 0:41 チョークスリーパー Spartan Reality Fight 7 2003年7月26日

獲得タイトル[編集]

  • 第2代Xtreme MMAオセアニアヘビー級王座(2010年)

脚注[編集]

  1. ^ BIG・ジム・ヨーク SRC公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]