ジム・マックレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジム・マックレイJames Kenneth McLay, 1945年2月21日 - )は、ニュージーランドの元政治家。ニュージーランド副首相、ニュージーランド国民党党首を歴任。

来歴[編集]

オークランド生まれ。キングス・カレッジ卒業後、オークランド大学法学を専攻し大学卒業後は弁護士として活動を始め法律事務所に勤務した。

1963年にニュージーランド国民党へ入党し1975年の総選挙に出馬し初当選する。法律分野に精通し主に女性の人権法案の作成等に関わる。1978年にロバート・マルドゥーンに任命され法務長官、法務大臣に就任する。1984年に副首相兼ニュージーランド国民党副党首に就任する。1984年の総選挙で国民党は敗北し、マルドゥーンの後任として国民党党首に就任。党内反主流派に押される形で1986年に党首を辞任する。後任の党首にはジム・ボルジャーが就任した。

1987年に政界引退。1994年から2002年まで国際捕鯨委員会ニュージーランド代表を務めた。2009年7月よりローズマリー・バンクスの後任として国際連合ニュージーランド代表部特命全権大使(国連大使)に就任。

先代:
ロバート・マルドゥーン
ニュージーランド国民党党首
1984年11月29日 - 1986年3月26日
次代:
ジム・ボルジャー