ジム・ボタンの冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジム・ボタンの冒険』(ドイツ語:Jim Knopf und Lukas der Lokomotivführer)は、ドイツの作家ミヒャエル・エンデによる児童文学作品。

あらすじ[編集]

物語は、前編『ジム・ボタンの機関車大旅行』と後編『ジム・ボタンと13人の海賊』に分かれている。前編では、ジムが生まれの秘密を探しに、竜が住むクルシム国へ行き、そこでリーシー姫を助けるというストーリーで、後編は、人魚に頼まれ、海の明かりをつけた後、13人の海賊を負かすというストーリー。

用語[編集]

地名[編集]

  • フクラム国
ルーカスなどが住んでいた国。後に新フクラム国と合併し、フクラム・新フクラム合衆国となる。
  • 新フクラム国
海に浮かんでいた島を、フクラム国の隣に移した土地。
  • フクラム・新フクラム合衆国
フクラム国と新フクラム国が合併してできた国。
  • マンダラ国
城壁で囲まれた、陶器が有名な国。首都はピン。皇帝はプン・ギン、総理大臣はピン・ポン。
  • クルシム国
竜たちの住んでいる国。本物の竜しか入ることができない。
  • アッテハナラナイ国
海賊たちの根城がある国。ヤンバラを沈めた代わりに浮上した。
  • 世界の頂
クルシム国や世界の果て砂漠と、マンダラ国の間にある赤と白の山脈。
  • 世界の果て
世界の頂の後ろにある、とても大きな砂漠。蜃気楼が激しい。
  • おどろきの森
いろいろな動物が住む、世界の頂とマンダラの城壁との間にある森。
  • ピン
マンダラ国の首都。

関連項目[編集]