ジム・クレイマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジム・クレイマーJim Cramer、本名:James Cramer、1955年2月10日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の投資家パーソナリティー

ヘッジファンドマネージャーを経て、現在は投資情報をウェブ上で提供するインターネット会社TheStreet.comの代表。また、CNBCの投資情報番組『Mad Money』(平日・午後6時)とラジオ番組『Real Money』の司会を務める。

学歴[編集]

経歴[編集]

クレイマーはフィラデルフィア郊外のウィンドモアで子供時代をすごす。ハーヴァード大学学生新聞『ハーバード・クリムゾン』の編集責任者を務める。1977年に卒業後、地方紙の記者としてキャリアを積む。その後ハーバード法科大学院に入学し、1984年に卒業。ゴールドマン・サックスに入社し、トレーダーとしてのキャリアを開始する。

1987年に独立し、ヘッジファンド「Cramer Berkowitz」を設立。その後13年間年率平均24%を生み出す。2001年のITバブル崩壊時には、S&P500が-11%であったにもかかわらず36%のリターンをあげる。その後クレイマーはヘッジファンド会社をパートナーのJeff Berkowitzに託し、ウォール街一線から身を引く。その後、投資情報をウェブで提供するTheStreet.comを仲間とともに設立し、上場を果たす。また、ActionAlertPlus.comにて自分のポートフォリオの中味を公開している。

1990年代後半からCNBCローエンス・クドロウと共に『America Now』および『Kudlow & Cramer』(1999年開始)で司会を務めたあと、2005年からは『Mad Money』でホストを務める。熱血漢、派手なパフォーマンスで投資判断をアドバイスしており、合言葉「Booyah!!!」のパフォーマンスを競う視聴者コンテストを開催したりもした。

ウォールストリート・ジャーナルなどで、彼の推奨に従ってもマイナスリターンしか得られないことなどを記事にされている。

著書に自分の半生を描いた"Confession of a Street Addict"と個人投資家向けの投資戦略を説く"Jim Cramer's Real Money"(邦題:『ジム・クレイマーの株式投資大作戦』共訳:井手正介、吉川絵美)を出版し、ベストセラーとなる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]