ジム・オニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジム・オニール(Jim O'Neill 、1957年3月17日 - )は、ゴールドマン・サックスエコノミスト、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長。「BRICs」という用語・概念を生み出し、広めた人物としてよく知られる。

概要[編集]

イギリスマンチェスター出身であり、同地のサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドFCの熱烈なファンでもある。そのこともあってか、2005年にアメリカ人マルコム・グレーザーによって買収され、巨額な負債を抱える同クラブの買い戻し運動を、中心となって推し進めている[1]。2011年9月にスイス中央銀行がスイスフラン高を防ぐために1ユーロ=1.2スイスフランの上限を設定し、それを超える場合には外貨の無制限購入を宣言したことに対して、スイス中央銀行の正当性を主張している。スイスフラン売りの為替介入が全ての問題解決につながるわけではないが、大衆の混乱を沈静化させ市場にバランスを取り戻させる役割を果たすかもしれないとしている[2]

経歴[編集]

2010年より、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長。

著作[編集]

  • ジム・オニール著、北川知子訳『次なる経済大国』ダイヤモンド社、2012年
  • ジム・オニール、ジョージ・ソロスほか『世界は、考える』(野中邦子訳、土曜社、2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]