ジミー・チェンバレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・チェンバレン
Jimmy Chamberlin
}
基本情報
出生名 James Joseph Chamberlin
出生 1964年6月10日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
ジョリエット
ジャンル オルタナティヴ・ロック
フュージョン
担当楽器 ドラムスパーカッション
活動期間 1988年 -
共同作業者 スマッシング・パンプキンズズワンen:The Jimmy Chamberlin Complex
公式サイト jimmychamberlin.com
著名使用楽器
YAMAHA SD2455JC

ジミー・チェンバレンJimmy Chamberlin1964年6月10日-)は、アメリカ合衆国ドラマーオルタナティヴ・ロックバンド、スマッシング・パンプキンズドラマーであったことで知られる。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州の中都市、ジョリエットで六人兄弟の一人として生まれる。ジミーの父はジャズバンドクラリネットを、兄はドラムをプレイするという音楽一家で育つ。

9歳の時にドラムを始め、15歳の時には地元のバンドで演奏するようになる。様々なバンドを転々とした後、友人にビリー・コーガンを紹介され、スマッシング・パンプキンズに加入することになる。当時、ジミーは大工をしていたが、パンプキンズの活動に集中するため、ほどなくして仕事を辞めている。

スマッシング・パンプキンズ[編集]

パンプキンズが成功への歩みを進める一方で、ジミーは深刻なヘロイン中毒に陥っていた。ツアー中のある日、ホテルの部屋で一緒に麻薬をやっていた人物が死亡するという事件が起きる。ジミーは逮捕され、この一件によりバンドを解雇された。

その後、元スキッド・ロウセバスチャン・バックのソロ・プロジェクトに参加するが、ほどなくしてパンプキンズに呼びもどされ、2000年の解散までドラマーを務めた。

ズワン ~ ジミー・チェンバレン・コンプレックス[編集]

解散後はビリーと行動を共にし、2001年にはズワンを結成するが、このバンドは短命に終わり、アルバム一枚を発表した後の2003年に解散した。

2004年には自ら新プロジェクト『ジミー・チェンバレン・コンプレックス』を立ち上げ、翌年にはアルバムを出した。

現在[編集]

2006年にパンプキンズが再結成されると、ジミーはビリーと共に参加。アルバムを制作し、これをサポートするツアーにも参加する。しかし、2009年に脱退を表明[1][2]。今後は自身のバンド、ジミー・チェンバレン・コンプレックスの一員として音楽活動を続けることになる。

プレイスタイル[編集]

元々はジャズドラマーであったこともあり、ジャズとロックの双方から影響を受けている。ジミーによると、ロックドラマーではキース・ムーンジョン・ボーナムイアン・ペイスが、ジャズドラマーではトニー・ウィリアムスエルビン・ジョーンズ、そしてジーン・クルーパが彼のプレイスタイルに大きな影響を及ぼしている。[3]

オンライン・マガジンのGigwise誌は、2008年にジミーを偉大なドラマーランキングの第5位に選出した[4]。このランキングには、ジミーが憧れるドラマーも多数ランクインしている。

2010年の「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」に於いて第8位。

ディスコグラフィー[編集]

スマッシング・パンプキンズ
サイド・プロジェクト
ゲスト参加

脚注[編集]

外部リンク[編集]