ジミー・コブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・コブ
}
基本情報
出生 1929年1月20日(85歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
ジャンル モード・ジャズ
担当楽器 ドラム

ジミー・コブJimmy Cobb1929年1月20日 - )はアメリカジャズミュージシャン、ドラム奏者。アメリカ合衆国ワシントンD.C.生まれ。

来歴[編集]

1950年代前半は、妻でもあったダイナ・ワシントンの伴奏などで知られたが、1958年からフィリー・ジョー・ジョーンズの後任としてマイルス・デイヴィスクインテットに加入、1959年にはモード・ジャズを確立した歴史的名盤『カインド・オブ・ブルー』のレコーディングに参加した。他にも、ウィントン・ケリーウェス・モンゴメリーキャノンボール・アダレイジョン・コルトレーンなどのアルバムで数多い演奏を繰り広げ、ハードバップ期を代表するドラマーとしての地位を確立した。

80歳を超えた現在でも自己のグループ、「ジミー・コブズ・モブ」を率いて活動している。2005年には矢野沙織と共演した。

代表作[編集]

  • Jimmy Cobb's Mob

外部リンク[編集]