ジプロピレングリコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジプロピレングリコール
Dipropylene glycol
識別情報
CAS登録番号 25265-71-8 チェック
ChemSpider NA ×
EINECS 246-770-3
特性
化学式 C6H14O3
モル質量 134.173 g/mol
外観 粘性のある無色の液体
匂い わずかな特異臭[1]
密度 1022kg/m3(25℃)[1]
融点

-39℃[1]

沸点

232.2℃(101.3kPa)[1]

への溶解度 水に混和、エタノールに可溶
危険性
MSDS SIRI.org
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
引火点 132℃(クリーブランド開放式)[1]
発火点 310℃[3]
半数致死量 LD50 14.9g/kg(ラット経口)[2]
関連する物質
関連物質 プロピレングリコール
トリプロピレングリコール
エチレングリコール
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジプロピレングリコール: Dipropylene glycol)は、グリコールの一種である。通常は4-オキサ-2,6-ヘプタンジオール、2-(2-ヒドロキシ-プロポキシ)-プロパン-1-オール、2-(2-ヒドロキシ-1-メチル-エトキシ)-プロパン-1-オールの3種の異性体の混合物である。

用途[編集]

ジプロピレングリコールは、プロピレングリコール(PG)製造時の副産物として生じる[4]。性質はPGに類似するが、PGに比べ高粘度で溶解力が高い。ポリエステル樹脂の中間原料や水圧機器の作動油不凍液、印刷インキ原料などに適する。毒性が低く、精製したものは化粧品原料や香料用溶媒に使用される[1]1998年のアメリカ合衆国における需要は1億800万ポンドで、可塑剤38%、不飽和ポリエステル樹脂23%、化粧品及び芳香剤10%、ポリウレタンポリオール類8%、アルキド樹脂7%などの用途に利用された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 旭硝子のプロピレングリコール類 (PDF)旭硝子化学品カンパニー)
  2. ^ 化粧品用精製ジプロピレングリコール (PDF) (旭硝子化学品カンパニー)
  3. ^ 国際化学物質安全性カード(国立医薬品食品衛生研究所)
  4. ^ a b OECD:高生産量物質初期評価プロファイル 4.ジプロピレングリコール、混合異性体と主要な異性体(日本化学物質安全・情報センター) (PDF)