ジブチの地理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジブチの地図

ジブチの地理(ジブチのちり)では、ジブチの地理的な事象について説明する。

地形[編集]

平野部の多くはアデン湾に望み、海沿いに広がる。海岸線にはサンゴ礁が広がる地域も存在し、観光地化されている場所もある。

国土全体が地質学的にアファール窪地 (Afar Depressionアファール盆地、アファール三角地帯) と呼ぶ3つのプレートの会合部であり、エリトリア・エチオピア・ソマリアに亘る世界屈指の規模を誇るアフリカ大地溝帯が広がり、海面下155mに位置するアッサル湖から標高2,000mを越える高地(ムーサ・アリ山の最高地点2028m)まで起伏に富む。タジュラ州の南に位置するアッサル湖 (Lake Assal) は、世界で三番目(アフリカでは一番)に低い場所にある湖とされる火口湖で、面積54km2、平均水深7m、その塩分34.8%は死海を超え世界一である。

アッサル湖

交通[編集]

地形的な制約のため、鉄道は首都ジブチ市エチオピアソマリア方面、道路はエチオピア方面こそ整備はされているものの、他の地域への交通網はほぼ未整備状態である。

2006年から日本の支援により、アデン湾岸の都市を結ぶフェリー航路の整備も試みられている。